クリックで拡大画像 当店の焙煎人、内倉大輔は、コーヒー鑑定士の世界基準である「SCAA認定 カッピングジャッジ」という国際認定資格を取得しております。確かな舌で選び抜かれた「旬」のコーヒーを最高の状態でお届け致します。
こんにちは!珈琲きゃろっとの焙煎人、内倉です。あなたのコーヒー生活を、もっともっと魅力的にするための、お手伝いをすることが僕の役割です。適切に焙煎されたコーヒー豆と、正しい知識があれば、おいしいコーヒーは、「自宅で」「誰にでも」「簡単に」楽しめます。どうぞごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

▼通信販売の営業日
実店舗は営業日が異なります


2024年5月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2024年6月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

上記は通信販売の営業日です。実店舗とは、営業日が異なります(実店舗の営業日を確認))休業日、日曜日はメール返信・商品発送を休ませていただきます。
【営業時間:9時~17時】

▼実店舗の営業はコチラ
おいしいコーヒーの淹れ方只今、動画で配信中!
初めてのお客様へ
【106】∵40∵エチオピア・イルガチェフェG1 コケ・モカ ナチュラル (200g)

ナチュラルモカの香りと豊かな甘み



エチオピアでも、最も有名なコーヒー産地イルガチェフェ地区。
今回は、その中にあるコケ村で作られたナチュラル精製のコーヒーをご紹介いたします。


■ナチュラル精製についての特集記事はこちら



「ナチュラル」という処理工程を経たこのコーヒーは、まさに完熟フルーツのようです。




コケ村のまず驚くべくところが、標高です。
農園の広がる場所は約1900m。なんと!北海道が誇る大雪山の秀峰「黒岳」とほぼ同じなんです。


このような高地で、約800世帯の小農家さん達が、熟したコーヒーチェリーだけをひとつひとつ手で摘み取っていきます。


高品質なコーヒーは、コーヒー栽培に適した気候環境農家さん達のてまひまかけた収穫があって、出来上がります。


また、エチオピアではコーヒーの専業農家さんがとても少なく、他にもバナナや野菜、フルーツなど、自分たちの生活に欠かせないものを栽培し、まるで自給自足のような生活をしています。


このような小農家さんたちは、自分の持つ土地(庭先)で自生しているコーヒーチェリーを栽培しているため、ガーデンコーヒーとも言われています。


このコーヒーの精製(乾燥)方法は、ナチュラル精製という方法です。


その言葉の通り、コーヒーチェリーを収穫したままの状態で乾燥させる方法で、乾燥したチェリーを脱穀することで生豆になります。


この方法は、シンプル故に品質に大きく差が出ます。


今回ご紹介するモカ・ナチュラルを作り上げたコケ村のウォッシングステーションでは、高品質なコーヒーの生産を掲げており、収穫から乾燥工程まで、何度も何度も選別を行います。


その手間やコストは、すべては素晴らしいモカ・ナチュラルを生み出すためです。


そして出来上がったのこコーヒーは、高品質に裏打ちされた豊かな個性を口の中いっぱいに広げてくれます。


ナチュラルの処理工程で作り上げたコーヒーは、熟度の高いコーヒー独特の風味を伴うため、好みが分かれてしまう事があります。


ですが、世界中でこの風味は絶賛され、魅了されるコーヒー愛飲家は後を絶ちません。


ストロベリーやメロン、花のようなキャラクターが素晴らしいです。
マーガリンのような舌触り。シロップを想わせる甘さも魅力的なコーヒーです。



是非惜しみない手間が生み出したナチュラルの醍醐味をお試しください。


【106】∵40∵エチオピア・イルガチェフェG1 コケ・モカ ナチュラル (200g)
【106】∵40∵エチオピア・イルガチェフェG1 コケ・モカ ナチュラル (200g)
【106】∵40∵エチオピア・イルガチェフェG1 コケ・モカ ナチュラル (200g)
  • NEW
  • ラッピングOK
  • 限定品
販売価格(税込):
2,180
ご注文数:
  • 豆の状態: