クリックで拡大画像 当店の焙煎人、内倉大輔は、コーヒー鑑定士の世界基準である「SCAA認定 カッピングジャッジ」という国際認定資格を取得しております。確かな舌で選び抜かれた「旬」のコーヒーを最高の状態でお届け致します。
こんにちは!珈琲きゃろっとの焙煎人、内倉です。あなたのコーヒー生活を、もっともっと魅力的にするための、お手伝いをすることが僕の役割です。適切に焙煎されたコーヒー豆と、正しい知識があれば、おいしいコーヒーは、「自宅で」「誰にでも」「簡単に」楽しめます。どうぞごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

▼通信販売の営業日
実店舗は営業日が異なります


2021年5月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2021年6月の定休日
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

上記は通信販売の営業日です。実店舗とは、営業日が異なります。休業日、日曜日はメール返信・商品発送を休ませていただきます。
【営業時間:9時~17時】

▼実店舗の営業はコチラ
おいしいコーヒーの淹れ方只今、動画で配信中!
■パナマ・ハートマン農園
単品でご注文>>
■ドミニカ・ロス・リリオス農
単品でご注文>>
■旬のブレンド「若葉」
単品でご注文>>
▼ご注文数
▼豆の状態
■パナマ・ハートマン農園(200g)


2011年から10年間ご紹介してしている、ハートマン農園から今年も素晴らしいコーヒーが届きました。


この農園は、ボルカンの町からグニャグニャ道を進むこと小1時間。


すぐそこはコスタリカとの国境という、パナマでもかなり山奥に位置しています。


1912年、アロイス・ハートマン氏が現在のチェコ共和国からパナマに移住して来たのが、パナマにおけるハートマン家の始まりです。


現在はラティボール・ハートマン・ジュニアさんが跡を継いでいます。


彼には4人の弟妹がいますが、全員で農園を経営しています。


彼は味作りに最も重要なコーヒーの精製を、彼の妻のテシーさんは品質管理、弟のアランさんとアレクザンダーさんは農園管理と、まさに一家総出の味造りです。


また、妹のアリスさんとケリーさんは農園内の観光事業を担当しています。


農園は広大な熱帯雨林に囲まれているため、原生的な自然環境を保全した農園とし、野鳥には楽園のような環境であることは間違いありません。


きゃろっとでもお付き合いが丸10年となりますが、品質の安定感は、今まで取り扱った銘柄でもトップの中に入ります。


農産物であるコーヒーは、その年の気候や土壌の状況に影響を受けます。


しかし、ハートマン農園の毎年変わらぬ味わいと品質は、生産技術の高さを実感します。


このようなご時世ですが、今年も変わらずに、ハートマン農園から届いた素晴らしいコーヒーをご紹介できることに、有難さを感じずにはいられません。


クリーミーでなめらかな口当たりと、カシューナッツのような香り。


ボディ感があり、ラズベリーやブルーベリーの酸味と甘さの余韻が、バランスの良さを感じます。


後味には、その甘さがふわ~っと消えていく心地良いコーヒーです。


パナマの名門農園が作り出す素晴らしいコーヒーです。ぜひお楽しみください。


■ドミニカ・ロス・リリオス農(200g)


実に5年ぶり。


カリブ海の秘境ドミニカからのご紹介です。


セサル・ロスさんの「砂糖を必要としない」というコンセプトで作った、特徴的な甘みの素晴らしいコーヒーをお届けします。


この柔らかい甘みの要因は、精製方法にあります。


コーヒーの精製は、大きく分けて3種類。


コーヒーチェリーの果肉を綺麗に取り除いてから乾燥させる水洗式(フルウォッシュド)。


果肉が残ったまま乾燥させる非水洗式(ナチュラル)。


そして、ご紹介するコーヒーが「果肉のぬめりを少し残して乾燥させる半水洗式(ハニー)」です。


ハチミツのような甘みが特徴であることから、現地ではスペイン語でハチミツを意味するMieludo(ミエルド)精製とも言われています。


セサルさんは、父親の影響で、小さいころからコーヒーに興味を持ち「コーヒー栽培の全ての工程を手作りで行いたい」という夢を持つようになりました。


数年にわたり世界中のコーヒー生産地を訪問し、コーヒー栽培に適した条件と栽培プロセスと研究。


その結果、2010年からバラオナ州ポロ地域で、コーヒー栽培を始めることとなりました。


セサルさんのコンセプトは、砂糖を必要としないコーヒーです。


これを実現させるために、ミエルド精製を採用。


素晴らしい精製方法なのですが、特にドミニカではあまり見かけません。


広まらない理由が、乾燥工程の難しさにあります。


完熟したコーヒーチェリーのみを選別後、果肉を取り除くと、ミューシレージというぬめり部分が現れます。


このぬめりが甘みの素になります。


しかし、乾燥工程の加減一つでネガティブな風味を出し、コーヒーを台無しにしてします。


そのため、乾燥工程では通常より約10日以上長い、約35日時間を掛けてゆっくりと日陰干しをします。


こうして手間ひまかけたコーヒーが、南国の風を感じるドミニカンコーヒーに仕上がります。


カリブ海の風を感じるドミニカンコーヒー。


まろやかな口当たりとハチミツのような甘さがあります。


その甘みはオレンジやアプリコットのような優しい酸味を引き立て、バランスの良さを感じる素晴らしいコーヒーです。


■旬のブレンド「若葉」(200g)


5月のブレンドは「若葉」です。今年も、北海道の大地には新芽が顔を出し、風が心地よい季節となりました。


すくすくと育つ姿をイメージし、明るい未来を祈って、ブレンドしました。


ブラジルをベースに、優しい果実感とマイルドな口当たり、柔らかな甘さを表現しました。


春の豊かなエネルギーをイメージしたコクとバランスの良さ。


清々しい爽快感、調和のとれた酸味と甘みをお楽しみください。


■パナマ・ハートマン農園
単品でご注文>>
■ドミニカ・ロス・リリオス農
単品でご注文>>
■旬のブレンド「若葉」)
単品でご注文>>
▼ご注文数
▼豆の状態