クリックで拡大画像 当店の焙煎人、内倉大輔は、コーヒー鑑定士の世界基準である「SCAA認定 カッピングジャッジ」という国際認定資格を取得しております。確かな舌で選び抜かれた「旬」のコーヒーを最高の状態でお届け致します。
こんにちは!珈琲きゃろっとの焙煎人、内倉です。あなたのコーヒー生活を、もっともっと魅力的にするための、お手伝いをすることが僕の役割です。適切に焙煎されたコーヒー豆と、正しい知識があれば、おいしいコーヒーは、「自宅で」「誰にでも」「簡単に」楽しめます。どうぞごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

2019年11月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2019年12月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

休業日、日曜日はメール返信・商品発送を休ませていただきます。【営業時間:9時~17時】

おいしいコーヒーの淹れ方只今、動画で配信中!
■コスタリカ・サンタ・ローサ ラ・プラザ農園(200g)→単品でご注文>>
■ケニア・キスングルル(200g)
単品でご注文>>
■旬のブレンド「木枯らし」(200g)
単品でご注文>>
▼ご注文数
▼豆の状態
■コスタリカ・サンタ・ローサ・ラ・プラザ農園



▼この農園は、2019年に当店の浅野が視察で訪れました。

コスタリカの優良生産地のタラス地区。

ナランホ・ヴァンガスさん家族が経営しているマイクロミルから、愛情たっぷりに育てられたコーヒーをご紹介です。

農園は標高1900mに位置し、コーヒー栽培が決して容易ではない急斜面にあります。

この環境こそがここでコーヒー栽培を始めようと決意した理由なんだとか。

標高が高いことで生まれる昼夜の寒暖差は、昼間感じた強い日差しを忘れてしまうほど夜は冷え込み、ダウンジャケットが手放せません。

この寒暖差は、コーヒーチェリーの熟成にとてもいい影響を与え、

「ここでなら、テロワール(産地や土壌による特性や個性)を感じられる素晴らしいコーヒーが作れる」と考え、

この土地での農園づくりを決意しました。

 また、ナランホさんがはとにかく「丁寧にコーヒーと接する」ことを大切にしています。

ゆっくりと樹を生育させることで、チェリーの熟成がゆっくり進み、果肉に含まれる糖分が十分に作られます。

さらに乾燥工程では、通常10日ほどで乾燥を終えるところ、約12日~15日間アフリカンベッド(高床式の乾燥棚)で乾燥させます。

すると、コーヒーチェリーが持つ良質な酸味や果肉の甘みをたっぷりと浸透させることが出来ます。

手間を惜しまず、丁寧に丁寧にコーヒーと接しています。

そんなナランホさんのお話を聞いて「この人、心底コーヒーのことが大好きなんだなぁ」と感じました。

常に品質を向上させ続け、世界中に美味しいコーヒーを提供することを目指しています。

コーヒーの栽培を家族みんなで楽しみ、それを一番の幸せと感じています。

オレンジやアプリコットのような酸味、ミルクチョコレートのような甘み。滑らかでクリーミーな口当たりで、とてもクリーンなコーヒーです。

アフターテイストはヘーゼルナッツやクルミトのようなほのかな香りが続きます。

作り手が幸せを感じながら栽培しているコーヒーは、2013年から5年連続の国際品評会入賞の結果にも表れており、納得の高品質なコーヒーに仕上がっています。

きれいな酸味と甘みを持つコーヒーをぜひお楽しみください。


■ケニア・キスングルル(200g)



キスングルル組合は、ケニアのエンブ地区にあるコーヒーの生産組合です。


1999年に設立され、現在は5人のメンバーが中心となり、品質管理を行います。


この周辺には、1200人のコーヒー農家がおり、日々コーヒーを大切に育てています。


通常ケニアのコーヒー生産現場では、数ヘクタールの農園を持つ零細農家がコーヒーを栽培・収穫し、組合に集められて、その地域のコーヒーとして作り上げます。


そのため、小さな農家さんたちが一生懸命に品質の良いコーヒーを作っても、それが対価として反映されないことがしばしばあります。


そこでケニアでは、国を挙げて生産者を守る法律を制定しました。


「最終的に購入されたコーヒー価格の、少なくとも80%を農家に支払う」という内容の法律です。


法律の制定後、この組合では、この法律の要件を大きく上回る額を、対価として生産者へ支払うこととしています。


このような取り組みが、農家さんたちとっても、日々のモチベーションやコーヒーの品質にも繋がりますね。


生活環境が整った生産者は、とても丁寧な仕事を継続して、行うことが可能になりました。


真っ赤に実った完熟豆のみを収穫し、長い道のりを経て、その日のうちに精製場に持ち込みます。


この道のりはとても厳しく、山の急な斜面に面していることが多く未塗装のため、歩いて山ひとつを越えなければいけないこともあるそうです。


アフリカの生産現場を見たことのある当店のバリスタ浅野は、アフリカのコーヒーをご紹介するたびに「信じられない。本当にありがたいコーヒーだね。」と言います。


コモデティコーヒーの時代に買いたたかれ、つらい思いをしてきた農家さんたち。


その方々の生活を守り、これからも継続して美味しいコーヒーを作り続けるためのとても素晴らしい取り組みをするキスングルル組合。


このコーヒーのカップの透明度や優れた品質は、ここに秘密がありました。


ケニアらしいベリー系のキャラクターは、温度変化と共にパッションフルーツやパイナップルのような甘さとジューシーさを伴う爽やかな酸味に。
ケニアでありながら、紅茶のような味わいも感じる複雑で素晴らしいコーヒーです。

ぜひ産地への想いを馳せながら、コーヒーをお楽しみください。


■旬のブレンド「木枯らし」(200g)



11月の旬のブレンドは「木枯らし」です。


今年も「木枯らし」をご紹介する時期になりました。
冬が、もうすぐそこまで来ているのを感じる季節です。


今年、きゃろっとのある恵庭は10月に初雪も降り、周りの山々が冠雪している様子を見ることができました。11月はいよいよ冬支度ですね。


白い山肌から吹き降ろす冷たい風が、今年の冬の厳しさを表しているようです。
その分コーヒータイムが、恋しくなりますね。


暖を取り、家の窓から舞う落ち葉を見ながら、ゆっくりとホットコーヒーを飲むのは、この時期の楽しみの一つです。そんなホッとした一時にピッタリのブレンドです。


「木枯らし」は、グアテマラをメインに使用した、まあるい口当たりと酸味を感じるブレンドです。


オレンジやみかんのような明るい酸味に、クリーミーなマウスフィールが後味の甘さを引き立てます。


どうぞお試しください。



■コスタリカ・サンタ・ローサ・ラ・プラザ農園(200g)→単品でご注文>>
■ケニア・キスングルル(200g)
単品でご注文>>
■旬のブレンド「木枯らし」(200g)
単品でご注文>>
▼ご注文数
▼豆の状態