クリックで拡大画像 当店の焙煎人、内倉大輔は、コーヒー鑑定士の世界基準である「SCAA認定 カッピングジャッジ」という国際認定資格を取得しております。確かな舌で選び抜かれた「旬」のコーヒーを最高の状態でお届け致します。
こんにちは!珈琲きゃろっとの焙煎人、内倉です。あなたのコーヒー生活を、もっともっと魅力的にするための、お手伝いをすることが僕の役割です。適切に焙煎されたコーヒー豆と、正しい知識があれば、おいしいコーヒーは、「自宅で」「誰にでも」「簡単に」楽しめます。どうぞごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

2019年7月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2019年8月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

休業日、日曜日はメール返信・商品発送を休ませていただきます。【営業時間:9時~17時】

おいしいコーヒーの淹れ方只今、動画で配信中!
■イルガチェフェG1・コチャレ・ビロファ村(200g)→単品でご注文>>
■マンデリン・アチェ・ゲガラン(200g)→単品でご注文>>
■旬のブレンド「向日葵」(200g)
単品でご注文>>
▼ご注文数
▼豆の状態
■イルガチェフェG1・コチャレ・ビロファ村



コーヒー発祥の地といわれるエチオピア。


そのエチオピアの中で最も人気のある「イルガチェフェ」地区のコーヒーです。


きゃろっとでは定番品として「イルガチェフェ」を取り扱っていますが、今回の銘柄はイルガチェフェ地区の「コチャレ」というエリアのビロファ村で生産されたものだけで作ったロットです。


「イルガチェフェ」は現地の言葉で「多くの泉がある地」を意味し、その言葉の通り、肥沃な黒土と川と森と湖に囲まれ水源に恵まれています。この地域で生産が始まったのは1950年代。


コーヒーの生産文化からすると比較的新しいのですが、華やかなシトラス系のフレーバーと他に類を見ないカップ評価から、世界中で急速に取引されるようになりました。 


現在ではアメリカやヨーロッパのスペシャルティコーヒー市場で人気を博している関係から、手に入れ難いコーヒーの一つにもなっていますが、生産エリアを広げることなく限られた区域のみで栽培されています。


中でもこの銘柄は「イルガチェフェ」地区の中で、標高の高い1800~2200mで集積精製された豆です。


豊かな水源と肥沃な土地に加え、標高による昼夜の寒暖差がこの地域ならでは土壌特性をはっきりと味わうことができるコーヒーを作り上げています。




レモンティのような爽やかさとジャスミンの独特な風味も兼ね備えています。


口中に広がるシロップのような甘さも。まろやかな舌触りが特徴的で、余韻がとても美しいコーヒーです。



アイスコーヒーにすることでも、この銘柄の特徴を十分に楽しむことができますよ。


■マンデリン・アチェ・ゲガラン

スマトラ島北部のアチェ州ゲガラン地区の小農家が手摘みしたマンデリンです。


エチオピアやケニアなどと並び、生産地域の特徴が色濃く醸し出されています。
特にアチェの特別な地域で作り出されるマンデリンは、その品質の高さと、フレーバーの複雑さで世界中のコーヒー愛好家から注目を受けています。

ゲガラン地区では、いずれも小規模の農園でコーヒーを生産しているため、収穫したコーヒーチェリーはひとつの場所に集めて管理しています。


特にアチェの特別な地域で作り出されるマンデリンは、その品質の高さと、フレーバーの複雑さで世界中のコーヒー愛好家から注目を受けています。


ゲガラン地区では、いずれも小規模の農園でコーヒーを生産しているため、収穫したコーヒーチェリーはひとつの場所に集めて管理しています。


集められたコーヒーチェリーは、スマトラ式と呼ばれるスマトラ島に伝わる伝統的な方法で精製されていきます。


この地域は肥沃な土壌ですが、高温で降水量が多く、乾季があまりはっきりしていません。


恵まれた気候ではないからこそ生まれたこの精製方法が、マンデリン特有の複雑なフレーバーを作り出します。


この精製方法では、コーヒーチェリーの果肉を除去した後、6時間程度、水を張った巨大な発酵槽で保管します。


その後、2~3日ほど天日乾燥を行い、水分が完全に抜け切らないまま脱穀して、再度天日乾燥をしています。


最終工程は、専用の工場で重さや大きさで選別され、さらに人の手によって不純物などを取り除きます。


このように、アチェマンデリンのスペシャルロットとして作り上げられています。


最後まで手作業で仕上げられたこのコーヒーは、個性的で様々な風味を有した複雑なフレーバーを兼ね備えています。




心地良いコクと程よい苦みはアイスコーヒーにしても、しっかりと力強さを保ち、魅力を損ないません。美味しいアイスコーヒーに仕上がりますよ。




■旬のブレンド「向日葵」(200g)


7月の旬のブレンドは「向日葵」です。


夏本番ですね。珈琲きゃろっとのある恵庭でも、夏祭りや様々なイベントが開催されて、盛り上がりを見せています。


暑くなるとコーヒーを淹れるのが少し面倒に感じてしまうことがありますが、その気持ちに「飲みたい!」気持ちが勝るようなブレンドをご用意しました。


アイスコーヒーにしても楽しめるまろやかな甘さ。そして、 スッキリとした余韻になるような酸味を加え、グッドバランスなブレンド に仕上げています。


爽やかでコクのあるコーヒーをお楽しみください。


■イルガチェフェG1・コチャレ・ビロファ村(200g)→単品でご注文>>
■マンデリン・アチェ・ゲガラン(200g)→単品でご注文>>
■旬のブレンド「向日葵」(200g)
単品でご注文>>
▼ご注文数
▼豆の状態