クリックで拡大画像 当店の焙煎人、内倉大輔は、コーヒー鑑定士の世界基準である「SCAA認定 カッピングジャッジ」という国際認定資格を取得しております。確かな舌で選び抜かれた「旬」のコーヒーを最高の状態でお届け致します。
こんにちは!珈琲きゃろっとの焙煎人、内倉です。あなたのコーヒー生活を、もっともっと魅力的にするための、お手伝いをすることが僕の役割です。適切に焙煎されたコーヒー豆と、正しい知識があれば、おいしいコーヒーは、「自宅で」「誰にでも」「簡単に」楽しめます。どうぞごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

2019年1月の定休日
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2019年2月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728

休業日、日曜日はメール返信・商品発送を休ませていただきます。【営業時間:9時~17時】

おいしいコーヒーの淹れ方只今、動画で配信中!
■コスタリカ・ドン・オスカル ラ・モンターニャ農園(200g)
単品でご注文>>
■エチオピア・イルガチェフェG1 チェレレクト・アンドロメダ(200g)
単品でご注文>>
■旬のブレンド「風花」(200g)
単品でご注文>>
▼ご注文数
▼豆の状態
■コスタリカ・ドン・オスカル ラ・モンターニャ農園(200g)


▼こちらも銘柄は、内倉と浅野が産地訪問したマイクロミルです。


2013年にドン・オスカル
マイクロミルは設立され、祖父のドン・オスカルさんと息子兄弟の夫婦、お孫さんの3世代が家族一丸となって生産に取り組んでいます。


僕が訪れた際には、息子さんのアレハンドロさんとオラッシオさんにマイクロミルを案内していただきました。


マイクロミルに入ると、最初に目についたのが一面に広がるアフリカンベッドです。
※アフリカンベッドとは、コーヒー乾燥の最後の工程に使用される、高床式の乾燥棚のことです。


ここで僕は、思わず声が出るほど驚きました。


小学校の体育館くらいの広さもある敷地に設置されたアフリカンベッドで乾燥しているコーヒー豆を、たった一人の男性が両手でコーヒーを混ぜていたのです。


通常乾燥は、パティオと乾燥機で乾燥して、早く仕上げてしまうのですが、今回ご紹介するようなマイクロロットではパティオで2日間乾燥した後、アフリカンベッドで12~15日で仕上げています。(ハニープロセスなら15~18日)


一粒一粒手で攪拌をすることにより、腐敗することなくゆっくりと果肉の甘みがコーヒーに浸透し、甘みたっぷりのコーヒーが完成するのです。


またここの農園では、収穫後には家族と数名のスタッフ総出で適切なカットバックを行い、次の収穫に備えています。


さらに、高品質なコーヒーを生み出すために土壌改善にも力を入れています。


この3年間の中で特に改善した点が肥料。
農園の土壌分析をした際に、この地の土壌はカリウムの含有量が多く、今まで不足していたマグネシウムを加えることで土壌のバランスを整えました。


こうすることで、コーヒーチェリーの実り方・育ち方がいい方向に改善されました。


トップクオリティのコーヒーを生み出すために、新たなチャレンジを続け、手間を惜しまないドン・オスカルのコーヒー。


熱いうちは、青リンゴや梨のようなキャラクターとキウイフルーツのような酸を感じます。
冷めると、アプリコットのようなフレーバーも感じられ、トロりとした口当たりになります。

温度変化と共に、どんどん美味しくなるコーヒーです。



■エチオピア・イルガチェフェG1 チェレレクト・アンドロメダ(200g)


チェレレクトとは、イルガチェフェ地区の中心部に位置するウォッシングステーション名です。


ウォッシングステーションとは、収穫して集められたコーヒーチェリーを精製し、生豆の状態に加工します。


チェレレクトは家族だけの少人数で管理しているので、徹底した品質管理が可能になります。


イルガチェフェ地区には、約45の異なるグループが存在しますが、特にチェレレクトは高品質なコーヒーを生産する場所として知られています。


大規模の農家さんから自宅のガーデンでコーヒーを作る農家さんまで、数十~数百の極小農家たちが、真っ赤なチェリーのみ収穫し、ウォッシングステーションに持ち込みます。


栽培されているコーヒーノキは、今でこそ管理された栽培を行うようシフトしていますが、自然交配によって進化した品種であり、独特な香味を持つことが特徴です。


このコーヒーの栽培地は海抜1300~2200mに位置し、イルガチェフェ地区でも最も高地に位置しています。


高地だからこそ生まれる素晴らしい品質であると同時に、低地にあるウォッシングステーションに運ぶ苦労を想像すると、感謝の気持ちでいっぱいになります。


さらに「多くの泉がある地」と訳されるイルガチェフェ地区では、コーヒー生産に理想的な水源を持ちます。


精製に利用される泉や川の水は、PH7.8と弱アルカリ性の性質を持ちます。


ウォッシュド精製の過程では、チェリーの果肉を剥いた後、この水で満たされた発酵槽に入れられます。


チェリーのヌメリが発酵することで取り除かれますが、この水質により約37時間かけてゆっくりと発酵されます。


その結果、エチオピア独特のシトラスフレーバーに加え、信じられないほどの透明感があるにも関わらず、フレーバーと甘さが長く続くコーヒーとなります。


オレンジを思わせるキャラクターに、素晴らしい華やかさは、アールグレイを思わせます。


シルキーでシロップのような甘さが口に広がります。



■旬のブレンド「風花」(200g)


新年、最初の旬のブレンドは「風花」です。


「風花」は晴れた日に雪が風に舞ってキラキラと輝きながら降ることや、山に積もった雪が風に乗り平地へ飛ばされ小雪がちらつくことをいいます。


こまかな雪の結晶が太陽の光を眩く反射させ、凛と冷えた空気により輝き増すような、そんな光景が浮かびます。


澄んだ空句を感じる清々しいクリーンカップ。


そして、ブラジルをメインに使用し、ハチミツのような優しい甘さが特徴のブレンドに仕上げました。


今年もみなさまにとって素晴らしい1年になりますように。
そんな願いも込めたブレンドです。


是非お試しください。

■コスタリカ・ドン・オスカル ラ・モンターニャ農園(200g)
単品でご注文>>
■エチオピア・イルガチェフェG1 チェレレクト・アンドロメダ(200g)
単品でご注文>>
■旬のブレンド「風花」(200g)
単品でご注文>>
▼ご注文数
▼豆の状態