クリックで拡大画像 当店の焙煎人、内倉大輔は、コーヒー鑑定士の世界基準である「SCAA認定 カッピングジャッジ」という国際認定資格を取得しております。確かな舌で選び抜かれた「旬」のコーヒーを最高の状態でお届け致します。
こんにちは!珈琲きゃろっとの焙煎人、内倉です。あなたのコーヒー生活を、もっともっと魅力的にするための、お手伝いをすることが僕の役割です。適切に焙煎されたコーヒー豆と、正しい知識があれば、おいしいコーヒーは、「自宅で」「誰にでも」「簡単に」楽しめます。どうぞごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。
2018年5月の定休日
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2018年6月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

休業日、日曜日はメール返信・商品発送を休ませていただきます。【営業時間:9時~17時】

おいしいコーヒーの淹れ方只今、動画で配信中!
■コスタリカ・ドン・マヨ エル・セドラル農園(200g)→単品でご注文>>
■マンデリン・クラシックブルボン(200g)→単品でご注文>>
■旬のブレンド「若葉」
単品でご注文>>
▼ご注文数
▼豆の状態
■コスタリカ・ドン・マヨ エル・セドラル農園(200g)


▼この商品は、浅野が産地で直接買い付けしてきたスペシャルロットです。


ドンマヨマイクロミルのラデラ農園は、タラス地区有数の生産地であるジャノ・ボニート・コルテスの高地に位置します。


山地の高台から見下ろすその景色は風光明美な景観を誇り、また太平洋から昇る朝日を浴びる事が出来るためコーヒー栽培に適した土地でもあります。


このマイクロミルでは農園ごとに様々な品種を育てており、2000年にコーヒー栽培において50年のキャリアを持つオーナーのソリスさんが種を蒔くことから始まりました。


現在はマイクロミルに所属する専属のカッパー(カッピングという技術で品質検査をする人)をはじめオーナー自らが、栽培された区画、品種、精製方法ごとに品質を評価し、結果をすべて保存しています。


こうすることで、蓄積した過去のデータをもとにその土地にもっとも適した品種を選定し、精製方法を選んでいます。


この結果、2012年、2014年、そして今年2017年にもカップ・オブ・エクセレンスを受賞することができました。


僕が訪れた際には、マイクロミルが所有するカッピングラボにお邪魔する機会があったのですが、そこでは想像していた「途上国の農園」とは異なった風景を見ることができました。


カッピングデータをパソコンに打ち込み、ミルのオーナー家族や農園の管理者とよりよいコーヒーを生産するために研究をしていました。



長年の勘だけにとらわれず、裏付けられたこのマイクロミルのコーヒーは、データと焙煎理論により実証されたきゃろっとの味造りともとても似ているように感じます。


また、このマイクロミルでは昨年から、適切な施肥、完璧なピッキングを施すことによって家族一人一人の作業負担を減らすために改善をしています。


こうすることで、より綿密な土地や栽培品種に対するケアを可能としています。


さらに、コーヒーの精製も抜かりない管理によって、進められています。


乾燥場に専用のハウスを設置し、さらにその中のアフリカンベッドで約1か月かけてゆっくりと乾燥させていきます。


その間、ぬめりによってくっ付いたコーヒー豆は、人の手によって丁寧にかき混ぜられます。


こうすることで、コーヒーに付着したミューシレージ(果肉のぬめり)に含まれたたっぷりの甘み成分がコーヒーに浸透していきます。


収穫から保管までのトレーサビリティが保障されており、入念な管理を経たコーヒーは穏やかで繊細なキャラクターを持ちます。


蜜をたっぷり含んだリンゴのような酸味と優しい甘さ、さらにはクリーミーな口当たりが特徴のコーヒーです。



このコーヒーは生産者家族の品質にかける努力と献身の結晶なのです。


■マンデリン・クラシックブルボン(200g)



▼この商品は、内倉が産地で直接買い付けしてきたスペシャルロットです。


その昔、インドネシアではサビ病による被害で、ほとんどのコーヒーは耐病性のあるハイブリット品種やロブスタ種に植え替えられました。


しかし、僕が訪れた北スマトラ島リントンニフタなどの一部の地域では、伝統的なティピカ系の品種が残りひっそりと栽培されています。


昔ながらの作り方でコーヒーが生産されて、「クラシックスマトラ」とも呼ばれています。


今月ご紹介するコーヒーは、さらに限られた地域で栽培されていたブルボン種のコーヒーです。


このようにインドネシアで希少な品種を栽培しているのは、わずか40~50軒の農家さん達です。


それぞれの農家さんが手回しの機械で果肉を除去、水洗いした後、集荷業者がその日の夜に精製所に運びます。


スマトラ式の特徴でもある乾燥工程では、半乾きのままコーヒーの薄皮を脱穀し、濃い緑色の状態で乾燥させます。


こうして精製されたコーヒーは、収穫量のとても少ない農家さん達から集められているので、どうしても色々な品種が混ざったロットになってしまうことが多いです。


ですが、品種の特徴をより感じていただくために、ブルボン種のみを選別した特別仕様の豆をご用意しました。


このような特別なコーヒーができたのは、コーヒーに関わる人たちが、信頼関係を築きながら、熱心に品質に対して向き合っているからに他なりません。


農家さん達、産地のコレクター、買付業者の方。誰が欠けても、このコーヒー豆はみなさんのお手元にお届けすることはできません。


たくさんの人たちの気持ちがこもったこのコーヒーが、日本の、北海道の、恵庭市の小さな焙煎工房に届いて、全国のお客様に召し上がって頂ける。


そう考えると、身震いするほどありがたいなぁ、と思います。


そんな想いを馳せた単一品種。


インドネシアでは非常に珍しいブルボンコーヒーを、ぜひお楽しみください。


重厚感のあるボディ感とバタリーな口当たり、アーシーなフレーバーはまさに王道のマンデリン。


レーズンなどのドライフルーツのようなキャラクターも。



飲んだ後も、しっかりとした余韻が長く続く素晴らしいコーヒーです。


■旬のブレンド「若葉」(200g)



5月のブレンドは「若葉」です。


きゃろっとの庭を見渡すと草木の新芽が顔を出し、心地良い風が気持ちのよい季節になりました。フレッシュで軽やかなイメージの若葉。そこに、未来に大きく成長していくイメージを加えて味作りをしました。


コスタリカの優しい果実感とブラジルの口に広がる滑らかな口当たり。春の豊かなエネルギーをイメージしたコクと豊かな甘さ。そんな表情豊かなブレンドに仕上げています。


清々しい爽快感と、バランスのとれたコクと甘さを是非お楽しみください。



■コスタリカ・ドン・マヨ エル・セドラル農園(200g)→単品でご注文>>
■マンデリン・クラシックブルボン(200g)→単品でご注文>>
■旬のブレンド「若葉」
単品でご注文>>
▼ご注文数
▼豆の状態