クリックで拡大画像 当店の焙煎人、内倉大輔は、コーヒー鑑定士の世界基準である「SCAA認定 カッピングジャッジ」という国際認定資格を取得しております。確かな舌で選び抜かれた「旬」のコーヒーを最高の状態でお届け致します。
こんにちは!珈琲きゃろっとの焙煎人、内倉です。あなたのコーヒー生活を、もっともっと魅力的にするための、お手伝いをすることが僕の役割です。適切に焙煎されたコーヒー豆と、正しい知識があれば、おいしいコーヒーは、「自宅で」「誰にでも」「簡単に」楽しめます。どうぞごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

▼通信販売の営業日
実店舗は営業日が異なります


2024年7月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2024年8月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

上記は通信販売の営業日です。実店舗とは、営業日が異なります(実店舗の営業日を確認))休業日、日曜日はメール返信・商品発送を休ませていただきます。
【営業時間:9時~17時】

▼実店舗の営業はコチラ
おいしいコーヒーの淹れ方只今、動画で配信中!
初めてのお客様へ
【605】∵38∵ホンジュラス エル・ピノ農園(200g)

クリーンカップとフルーティなフレーバー、シルキーな口当たりで様々なキャラクター



【マイクロミル革命について】

ホンジュラスでは近年、急速にコーヒーの品質が上がってきていますが、その要因は、コスタリカから広まった「マイクロミル革命」です。


通常、コーヒー豆はチェリーで収穫された後、農園主は輸出業者に「コーヒーチェリー」を売り、農協や輸出業者は集めたチェリーを自社の巨大なウエットミル(工場)に持込んで、水洗処理を行います。


このルートでは生産者は収穫後、すぐに手軽に収入が入るというメリットがありますが、チェリーの買取り価格はあまり高くはなく、収穫労働者への賃金を払うと手元に殆ど収入が残らないという側面もあります。


そこで生まれたのが「マイクロミル革命」です。


上記のような状況を打開するために、生産者自身が栽培から水洗処理、乾燥まで一貫管理することで、より高品質なコーヒーを生産し高値で売ろうという考え方が2000年代前半に生まれました。

このエル・ピノ農園は、ホンジュラスの名産地「サンティアゴ・プリングラ」という地区にあります。


ホンジュラス訪問の際に、ここの農園主であるゴメスさんに会って、農園を見せて頂きながらお話を聞いてきました。


この地域の農園は「坂の上」にあります。


多分、見たらびっくりすると思うのですが、本当に足を滑らせたら、そのまま下まで落ちていくような急斜面です。


そんな急斜面に、青々と見るからに元気の良いコーヒーの木が整然と並べられています。



※こんな急斜面に、コーヒーの木が植えられています。


ゴメスさんのお宅で昼食を御馳走になったのですが、この地域の方たちは皆さん素朴で気さくで、とても良い人たちです。


このプリングラ地区からは、今年の6月に行われた、コーヒーの国際品評会「カップ・オブ・エクセレンス」にも入賞農園が続出しました。


僕は、この地域の人たちと直に接してみて、その人柄に触れることで、この地区から多数の素晴らしいコーヒーが産出されている要因が分かったような気がします。


ものづくりは、やはり「人」です。


焙煎もそうですが、良いものを生み出すために裏ワザは存在しません。


ただひたむきに「それ」に向き合う。これがとても大切なことだと僕は思います。


この地域の方たちは、とても丁寧な仕事をします。
それは、この農園を見てすぐに分かりました。


きれいに並べられたコーヒーの木。赤々と熟したチェリー。農園にはゴミ一つありません。



※真っ赤に熟したコーヒーチェリー


マイクロミル革命によってもたらされた「小さな農園」だからこそできる、きめ細かい品質管理は、僕も見習うことが沢山ありました。


このコーヒーは、とにかくクリーンカップとフルーティなフレーバーが素晴らしいです。


シルキーな口当たり。


マンダリンオレンジ、ピーチ、アプリコット、チェリー、グレープフルーツといった様々なキャラクターがあります。


恵まれた大地でイキイキと育った、甘みたっぷりのコーヒーをお楽しみください。


【605】∵38∵ホンジュラス エル・ピノ農園(200g)
【605】∵38∵ホンジュラス エル・ピノ農園(200g)
【605】∵38∵ホンジュラス エル・ピノ農園(200g)
販売価格(税込):
2,180
ご注文数:
  • 豆の状態: