クリックで拡大画像 当店の焙煎人、内倉大輔は、コーヒー鑑定士の世界基準である「SCAA認定 カッピングジャッジ」という国際認定資格を取得しております。確かな舌で選び抜かれた「旬」のコーヒーを最高の状態でお届け致します。
こんにちは!珈琲きゃろっとの焙煎人、内倉です。あなたのコーヒー生活を、もっともっと魅力的にするための、お手伝いをすることが僕の役割です。適切に焙煎されたコーヒー豆と、正しい知識があれば、おいしいコーヒーは、「自宅で」「誰にでも」「簡単に」楽しめます。どうぞごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

▼通信販売の営業日
実店舗は営業日が異なります


2021年9月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2021年10月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

上記は通信販売の営業日です。実店舗とは、営業日が異なります。休業日、日曜日はメール返信・商品発送を休ませていただきます。
【営業時間:9時~17時】

▼実店舗の営業はコチラ
おいしいコーヒーの淹れ方只今、動画で配信中!
■タンザニア・ンギラ農園(200g)→単品でご注文>>
■コロンビア・ヴィラ・ファティマ 中煎り(200g)→単品でご注文>>
■旬のブレンド「夕涼み」(200g)
単品でご注文>>
▼ご注文数
▼豆の状態
■タンザニア・ンギラ農園(200g)


今月ご紹介のンギラ農園は、この国の北部ンゴロンゴロ・カラツ地区にあります。


ンゴロンゴロと言えば、自然遺産にも登録されており、世界でも有数の自然豊かな場所ですね。


あのライオンキングの舞台でもあり、壮大な景色が想像できます。


このように豊かな自然に囲まれた環境は、コーヒーにとって最適な土壌環境をもたらしてくれます。


また、世界で6番目に大きいカルデラに近接しているこから、この土地はミネラル豊富な火山性土壌であることが分かります。


ここで育ったコーヒーは、タンザニア特有の酸味を持ち、甘さたっぷりのコーヒーに仕上がります。


このような素晴らしい土地にいち早く目をつけたのが、20世紀初頭に入植したドイツ人の家族。


その後、現在のオーナーであるマイヤーさんが所有すると、一気に設備を整え、最新の灌漑設備や節水システムなどの最新技術が導入されました。


通常、標高の高い場所にある農園では、灌漑設備が整っていないことが多く、その年の雨量などにコーヒーの出来が左右されてしまいます。


このため、栽培から精製・乾燥までを天候頼りになることが多く、収穫量だけでなく品質もなかなか安定しません。


ところが、このような設備を導入後、安定して高品質なコーヒーを作り出すことに成功しました。


収穫は、熟練のピッカー(収穫する人)によって、真っ赤なチェリーのみを収穫します。


その収穫期は、約2ヵ月近く続き、多い時には、各木に対して3~4回の収穫作業が行われます。


手作業での収穫回数が、多ければ多いほど手間はかかりますが、その分真っ赤に熟したチェリーのみを選別することが可能です。


さらに、精製も手を抜きません。


収穫されたコーヒーチェリーは、果肉を除去する前に、傷んだチェリーや過熟したチェリーを取り除くために厳しく選別します。


このように何度も何度も、手間を掛けて、丁寧に選別されたコーヒーは、綺麗な酸味とクリーンさを併せ持つ、素晴らしいコーヒーに仕上がります。


豆を挽いた瞬間から立ち昇る香味は、トマトを思わせるとても特徴的なコーヒーです。


中煎りと焙煎度を浅めに仕上げることで、フレッシュトマトのようなジューシーさや温度変化によってベリー系の酸味も感じます。


タンザニア特有の滑らかな口当たりと黒糖のような甘さが、とても素晴らしいコーヒーです。


■コロンビア・ヴィラ・ファティマ 中煎り(200g)


きゃろっとでも、長年定番品としてご紹介しているこの銘柄。


始めてこのコーヒーに出会った時の衝撃は、いまだにはっきりと覚えています。


挽きたての粉から香る華やかさに、飲む前から期待しました。


口にしてもその華やかさが薄まることはなく、最後までクリーンさとフルーティーさを感じる事ができました。


このような素晴らしいコーヒーを作り上げたのは、ウイラ地方に住む小規模農家さんたちです。


そこは、トリマやカウカ、メタ等の著名な生産地と隣接し、マグダレナ河が流れる山脈地帯に挟まれた谷合に位置しています。


南西地方の高い標高で育まれたこのコーヒーは、品質の高さで有名になりました。


小規模農家さんたちによって愛情込めて育てられたウォッシュドコーヒーは、ここでしか味わうことのできない、この上なく素晴らしいフレーバーに溢れています。


約2000m程の標高にある農場は、年間を通して頻繁な開花を促します。


寒暖差が大きいことから、僕たちが感じたウイラらしいアシディティー(酸味特性)と複雑で華やかなフレーバーを生み出します。


また、どの生産者も、家族で数ha小規模な農園を管理し、丹念に育てていることも、この土地の素晴らしいコーヒーを生み出す大きな要因です。


さらに、この土地に適したブルボン種を選定しました。


ブルボン種の特性上、収量が隔年変化し安定せず、霜害や病虫害にも弱い品種ですが、甘味や濃厚なコクと丸みが特長の香味の素晴らしいコーヒーに仕上がります。


当店でも、このコーヒーの魅力を最大限感じられる焙煎度合に仕上げていますので、まずは挽きたてのコーヒーの華やかな香りをお楽しみください。


クリーンカップと上品なマウスフィール。
フルーティーでアロマティックなコーヒーです。


マスカットやグリーンアップルのようなフレーバーは、温度変化とともにベリーに変化して行きます。


さらに、ブラウンシュガーのような甘みが、心地よい余韻を残します。



最後まで美しく雑味の無い、綺麗な余韻をお楽しみください


■旬のブレンド「夕涼み」


8月の旬のブレンドは「夕涼み」です。


照り付ける太陽が沈み、北海道では少し肌寒くもなる夕方。


日中の猛烈な暑さからホッと一息つけるこの時間は、一日の疲れも忘れて、ゆっくりと過ごせる贅沢な時間でもありますね。


そんな爽やかな夕涼みに飲みたくなるような、心落ち着くブレンドです。


程よい苦みとコク、特徴的なフレーバーが魅力のマンデリンをメインに使用し、心地良い余韻を残します。


ぜひお楽しみください。


■タンザニア・ンギラ農園(200g)→単品でご注文>>
■コロンビア・ヴィラ・ファティマ 中煎り(200g)→単品でご注文>>
■旬のブレンド「夕涼み」(200g)
単品でご注文>>
▼ご注文数
▼豆の状態