クリックで拡大画像 当店の焙煎人、内倉大輔は、コーヒー鑑定士の世界基準である「SCAA認定 カッピングジャッジ」という国際認定資格を取得しております。確かな舌で選び抜かれた「旬」のコーヒーを最高の状態でお届け致します。
こんにちは!珈琲きゃろっとの焙煎人、内倉です。あなたのコーヒー生活を、もっともっと魅力的にするための、お手伝いをすることが僕の役割です。適切に焙煎されたコーヒー豆と、正しい知識があれば、おいしいコーヒーは、「自宅で」「誰にでも」「簡単に」楽しめます。どうぞごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

▼通信販売の営業日
実店舗は営業日が異なります


2022年1月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2022年2月の定休日
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728

上記は通信販売の営業日です。実店舗とは、営業日が異なります(実店舗の営業日を確認))休業日、日曜日はメール返信・商品発送を休ませていただきます。
【営業時間:9時~17時】

▼実店舗の営業はコチラ
おいしいコーヒーの淹れ方只今、動画で配信中!
■ブラジル・ブルボン・クラシコ(200g)→単品でご注文>>
■コスタリカ・ドン・マヨ(200g)
単品でご注文>>
■旬のブレンド「初雪」(200g)
単品でご注文>>
▼ご注文数
▼豆の状態
■ブラジル・ブルボン・クラシコ(200g)


「甘さを感じるこのコーヒー。好みの人はきっと多いだろうな」


カッピングをして出た言葉です。


今回ご紹介するこのコーヒーは、ブラジルコーヒーが持つ「甘さ」を充分に感じることができます。


それもそのはず、このコーヒーは品種、精製方法共に「甘さ」にフォーカスしたものを選んでいます。


品種は「ブルボン・アマレロ種」という、少し変わった品種を使っています。


ブルボン種の最大の特徴は、甘さとまろやかなコク。


さらに、通常コーヒーチェリーは赤く熟しますが、アマレロという黄色いチェリーのみを用いることで、熟度の高いフルーツのようなフレーバーを感じます。


このようなブルボン種ですが、実は過去に激減してしまった時期があります。


1859年ブラジルに持ち込まれたブルボン種は、ブラジル全土で栽培されるに至りました


しかし、耐病性が低く、生産が難しいことを理由に激減。


当時、品質よりも量を重視した市場も追い風となり、生産効率の良いハイブリット種に移行していきました。


しかし、その後、輸出自由化から、改めてブルボン種の品質の良さに注目が集まります。


そして現在、育成が難しい品種ながら、生産者の品質へのひたむきな努力が実り、ブラジルのスペシャルティコーヒー界には、ブルボン種は欠かせない存在になっています。


さらに、精製方法は「セミウォッシュド」という方法で仕上げます。


今や世界中で広まっているハニー精製も、この方法が始まりとされています。


この精製方法の特徴は、コーヒーチェリーの甘みたっぷりの果肉の粘着質(ミューシレージ)を残したまま乾燥を行います。


ミューシレージを残したまま乾燥することで、独特のアロマを生み、さらに特徴的な強い甘さを生み出すことができます。


カカオ、アーモンドといったキャラクター、アプリコットのようなフレーバーも感じられます。 


ミルクチョコレートのようなまろやかな甘さが飲んだ後の余韻として心地よく持続していくコーヒーです。


■コスタリカ・ドン・マヨ(200g)


5年連続でご紹介している、ドン・マヨ マイクロミルのオーナーはパブロさん。


コスタリカでは、2000年初頭「マイクロミル革命」が起きました。


それまで、大きな工場でいっぺんに作られていたコーヒーは、買取価格は安く、大幅に価格が下落することもありました。


そこで、起きたのが「マイクロミル革命」です。


家族で小さな精製所を作り、栽培から一貫して、高品質なコーヒーを、品質に合わせた価格で販売しようという考え方です。


パブロさんの父は、マイクロミル革命の開拓者のひとりです。


彼らが長く愛されるコーヒーを作り続けるには、理由がありました。


「悪いフィードバックもちゃんと欲しい」


お会いした日、BBQパーティで歓迎をしました。


賑やかな中、パブロさんからの熱い想いを聞かせてもらっていました。


私たちの「美味しくないコーヒーができてしまうことはないの?」という不憫な質問に、はっきりと「NO(一切ない)」という答え。


「安定して美味しいコーヒーを作るために、僕たちはずっとデータを集めてきた。
コーヒーは農産物だから、毎年同じ状況ではない。
状況に合わせて、土や発酵や乾燥を少しずつ調整していく。
同じ味に仕上げるために、同じ工程を踏むんじゃだめなんだ。
状況が変化するからこそ、それに合わせて、調整をしていく。
そして、全てをカッピングして、またそこから次のコーヒー栽培に改善していくんだ。」


その話は、研究者のようでした。


データを集め、改善し、信頼関係を作る。


これが美味しいコーヒーが生まれるためのプロセスだったんだと、パブロさんと過ごした日々で見えました。


パブロさんが信念をもって作ったこのコーヒー。


様々なフルーツを思わせる美しい酸質と豊かな甘みを持ちます。


どの工程においても丁寧な作業を徹底することで雑味の無いクリーンな味わいを実現しました。


世界一美味しいコーヒーを作るため、研究されたコーヒーです。


レッドハニーという果肉を残した精製方法特有のブラックベリーやカシス、木苺ジャムのような個性的なキャラクターのコーヒーです。


口に含んだ瞬間に感じるボディ感とメープルのような甘さが特徴です。


冷めると果実の輪郭をはっきりと感じる素晴らしいコーヒーです。


■旬のブレンド「初雪」

12月の旬のブレンドは「初雪」です。



12月は1年を締めくくる月ですが、師走とはよく言ったもので足早に過ぎ去っていきますよね。
今年1年を振り返ると、大変な一年でしたね。


それでも今年は、街に行き交う人々が徐々に以前の様子に戻りつつあり、穏やかな年末を予想させます。


今年最後の旬のブレンドは、そんな時でもホッと一息つけるような今年を締めくくるにふさわしいブレンドに仕上がりました。


グアテマラをメインに使用し、繊細な果実味と滑らかでミルクチョコレートのような優しい甘さが特徴のブレンドです。


また、クリーミーな口当たりと、このブレンドのバランスの良さは、どんなクリスマスケーキと合わせても、相性抜群です。


■ブラジル・ブルボン・クラシコ(200g)→単品でご注文>>
■コスタリカ・ドン・マヨ(200g)
単品でご注文>>
■旬のブレンド「初雪」(200g)
単品でご注文>>
▼ご注文数
▼豆の状態