クリックで拡大画像 当店の焙煎人、内倉大輔は、コーヒー鑑定士の世界基準である「SCAA認定 カッピングジャッジ」という国際認定資格を取得しております。確かな舌で選び抜かれた「旬」のコーヒーを最高の状態でお届け致します。
こんにちは!珈琲きゃろっとの焙煎人、内倉です。あなたのコーヒー生活を、もっともっと魅力的にするための、お手伝いをすることが僕の役割です。適切に焙煎されたコーヒー豆と、正しい知識があれば、おいしいコーヒーは、「自宅で」「誰にでも」「簡単に」楽しめます。どうぞごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

▼通信販売の営業日
実店舗は営業日が異なります


2024年2月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829
2024年3月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

上記は通信販売の営業日です。実店舗とは、営業日が異なります(実店舗の営業日を確認))休業日、日曜日はメール返信・商品発送を休ませていただきます。
【営業時間:9時~17時】

▼実店舗の営業はコチラ
おいしいコーヒーの淹れ方只今、動画で配信中!
■エチオピア・グジG-1 チルフィート(200g)→単品でご注文>>
■グアテマラ サンタ・クルス農園(200g)→単品でご注文>>
■旬のブレンド「雪しろ」(200g)
単品でご注文>>
▼ご注文数
▼豆の状態
■エチオピア・グジG-1 チルフィート(200g)


品評会入賞レベルの、素晴らしいコーヒーをご用意することができました。


今回ご紹介するこのコーヒーは、エチオピアでも有数のコーヒー生産地シダモで生産されます。


今年の6月、初めてエチオピアで国際品評会が開催されました。


世界中から注目を集めたこの品評会の結果は、つい先日発表され、上位に入賞したコーヒーのほとんどが、シダモ地区で生産されたコーヒーでした。


そのくらい、現在最も旬な産地のコーヒーです。


こちらの銘柄チルフィートは、品評会に出品していませんが、カッピングの評価点数としては十分に入賞可能なレベルの銘柄です。


多彩なフレーバーとクリーンカップ(雑味がなく透明感のあるコーヒーのこと)は、数あるコーヒーの中でも秀逸な品質をもちます。


品評会入賞銘柄となれば、ブランド銘柄となるため、価格が何倍にも跳ね上がります。


実は、ブランドがついていないコーヒーであっても、素晴らしいコーヒーは数多く存在し、そのようなコーヒーに出会った際には、僕も非常にわくわくします。


今回、信頼のおける商社さんからのご紹介を受けて、この高品質なコーヒーを皆様にお届けすることができました。


フローラルで華やかなアロマと、シダモらしい爽やかなレモンやオレンジのようなキャラクターが心地よく感じられます。


さらに、上質なシロップのような甘さが長く続き、温度変化とともにマンゴーやパパイヤなど複雑なキャラクター
を感じます。


いま、最も注目される産地の隠れた逸品、チルフィートをぜひ、お楽しみください。


■グアテマラ サンタ・クルス農園(200g)

▼この農園は、当店の浅野が視察で訪れた農園です。


大人気のアンティグア地区より、80年の歴史を持つ、由緒ある農園のコーヒーをご紹介いたします。


僕がここを訪れて、その美しさに思わず見とれてしまったのが、農園の隣にある古い教会でした。


この教会こそが、今回の農園名の由来でもある「サンタクルス教会」です。


元々、このサンタクルス教会がこの農園を所有していましたが、それを農園主のセラヤさんの祖父が引き継ぎ、現在ではアンティグアを代表する農園になりました。


サンタクルス農園のあるアンティグア地区は、アグア火山とアカテナンゴ火山、フエゴ火山に囲まれた盆地です。


今でも火山活動は活発で、農園を周っている最中にも小規模の爆発があり、噴煙を上げていました。


この火山がもたらした火山灰と軽石を多く含む土壌は、農業技師達を驚かせるほど肥沃で、コーヒー栽培に最適です。


このため農園内には、樹齢40年以上の古い木が多く、もっとも古いコーヒーノキは樹齢70年とも言われています。


また、毎年カップオブエクセレンスには、セラヤさんの管理する農園が複数入賞していて、その管理能力には世界中が注目をしています。


農園内はとてもきれいに管理されており、農園の門をくぐった瞬間から感じ取ることができました。


コーヒーを直射日光から守るための木(シェードツリ―)がきれいにならび、適切な剪定によって雨季と乾季の気候に合わせてコントロールされています。


15~16haとグアテマラ国内ではでは決して広くない農園ですが、セラヤさんが大切に育てていることを肌で感じることができました。 


いい意味でグアテマラらしくない果実感あるフルーティーなキャラクター。


オレンジのような明るい酸味、フローラルで華やかさが印象のコーヒーです。


温度変化によって、ラズベリーやクランベリーのような酸味、ナッツのようなキャラクターも。


グアテマラの歴史を感じるコーヒーをぜひお楽しみください。


■旬のブレンド「雪しろ」(200g)


北海道はこの2月が一番冷え込み、気温以上に寒さが身に染みる季節です。


冬のイベントも道内のいたるところで開催されており、まさに冬真っ盛りとなっております。


そんな北海道から送る、今月の「雪しろ」は山に積もった雪が解け、野や川に流れ込む水の事です。


今年も春を迎える準備が雪の下で、始まってきているようです。


凛として冷えて澄んだ水が、降り積もった雪から解け出していくようなクリーンカップ。


ケニアをベースとして使用し適度なボディ感がその川の力強さを、グアテマラの優しい甘さが雪解けの美しさを表すように味を作り上げました。


是非お試しください。


■エチオピア・グジG-1 チルフィート(200g)→単品でご注文>>
■グアテマラ サンタ・クルス農園(200g)→単品でご注文>>
■旬のブレンド「雪しろ」(200g)
単品でご注文>>
▼ご注文数
▼豆の状態