クリックで拡大画像 当店の焙煎人、内倉大輔は、コーヒー鑑定士の世界基準である「SCAA認定 カッピングジャッジ」という国際認定資格を取得しております。確かな舌で選び抜かれた「旬」のコーヒーを最高の状態でお届け致します。
こんにちは!珈琲きゃろっとの焙煎人、内倉です。あなたのコーヒー生活を、もっともっと魅力的にするための、お手伝いをすることが僕の役割です。適切に焙煎されたコーヒー豆と、正しい知識があれば、おいしいコーヒーは、「自宅で」「誰にでも」「簡単に」楽しめます。どうぞごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

▼通信販売の営業日
実店舗は営業日が異なります


2024年7月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2024年8月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

上記は通信販売の営業日です。実店舗とは、営業日が異なります(実店舗の営業日を確認))休業日、日曜日はメール返信・商品発送を休ませていただきます。
【営業時間:9時~17時】

▼実店舗の営業はコチラ
おいしいコーヒーの淹れ方只今、動画で配信中!
初めてのお客様へ
【307】∵10∵グアテマラ レタナ農園(200g)

まろやかな口当たり、アンティグアらしいバランスの良さ◎


▼この農園は、2024年3月に当店の浅野が産地で買い付けたスペシャルロットコーヒーです


創立90年を迎えたレタナ農園。


きゃろっとでご紹介するのは、実に7年振りです!


レタナ農園のあるアンティグアは、3つの火山に囲まれた盆地で、火山灰質の豊かな土壌が広がり、山から吹き付ける冷涼な空気が昼夜の寒暖の差を生み出します。


最高品質のコーヒーを作る自然条件が揃ったこの土地は、国内でコーヒー栽培の始まった伝統もあり、グアテマラコーヒーの代名詞でもあります。


この農園は、元来カトリックの修道士たちの手により運営されていました。


農園名は、その当時の代表・レタナ神父の名前に由来しています。


その頃、レタナ農園ではコーヒー栽培をしておらず、サトウキビが栽培されていました。


その後、オーナーはコフィーニョさんとなり、コーンやアボカドなど様々な農作物を試験的に栽培します。


試行錯誤の末、最終的にコーヒー栽培へとたどり着きましたが、農園を購入した当初は不況の煽りを受け、大変苦労をしたと言います。


今回買付に成功したのは、レタナ農園の中でも特に甘味の強いイエローブルボンです。


ポルトガル語で「黄色」を意味するアマレロとも呼ばれ、通常真っ赤に実るコーヒーチェリーが黄色く熟していくことが特徴です。


赤い実に比べ、熟度の判断がしにくく、うまく扱うことができないと、未成熟な味わいになってしまいます。


そこは、伝統あるレタナ農園。熟練したピッカーさんによって、完熟の黄色いチェリーが摘み取られ、芳醇な甘さとほのかに残るフルーティーな味わいを感じることができます。


その洗練されたフレーバーは、アンティグア産コーヒーの特徴を鮮やかに表現しています。


レタナ農園のイエローブルボンが醸し出す、クラシックアンティグアのフレーバーをどうぞご賞味くださいませ。


まろやかな口当たり、バランスの良さがアンティグアらしいコーヒーです。


温度変化によって、アプリコットのような優しい酸味も感じます。


酸味が落ち着いたころには、黒糖やミルクチョコレートのような豊かな甘さが際立って感じます。


【307】∵10∵グアテマラ レタナ農園(200g)
【307】∵10∵グアテマラ レタナ農園(200g)
【307】∵10∵グアテマラ レタナ農園(200g)
  • NEW
販売価格(税込):
2,180
ご注文数:
  • 豆の状態: