クリックで拡大画像 当店の焙煎人、内倉大輔は、コーヒー鑑定士の世界基準である「SCAA認定 カッピングジャッジ」という国際認定資格を取得しております。確かな舌で選び抜かれた「旬」のコーヒーを最高の状態でお届け致します。
こんにちは!珈琲きゃろっとの焙煎人、内倉です。あなたのコーヒー生活を、もっともっと魅力的にするための、お手伝いをすることが僕の役割です。適切に焙煎されたコーヒー豆と、正しい知識があれば、おいしいコーヒーは、「自宅で」「誰にでも」「簡単に」楽しめます。どうぞごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。
7
2018年10月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2018年11月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

休業日、日曜日はメール返信・商品発送を休ませていただきます。【営業時間:9時~17時】

おいしいコーヒーの淹れ方只今、動画で配信中!
初めてのお客様へ
グァテマラ・プラン・デル・グアヤボ農園(200g)

心地良い甘味、「きれいな」グァテマラ



大人気の素晴らしいグァテマラ・グアヤボ農園のコーヒーをご案内いたします。


ここの農園主は「ドナドさん」という方なのですが、農園を始めた当初、このエリアはとてもとてもコーヒーが育つ(育てられる)環境ではありませんでした。


密生した原生林に覆われ、標高が高く、なんと言っても土地がとてつもない急斜面なんです。


だから当然、誰もここでコーヒーが育つとは思っていなかったんです。


たとえコーヒーが育つとしても「何でわざわざこんな厳しい環境でコーヒーを育てなきゃならないんだ?全くナンセンスだ」と周りの人からは思われたことでしょう。


そう思われても当然です。足場の悪い急斜面という自然環境上、この農園に大型機器を農園に持ち込むことは不可能ですから、全て人の手による作業でコーヒーは育てなければなりません。


当然、大量生産なんて無理ですから、足場の悪い急斜面の小人数で収穫していきます。 


効率が悪くて、コストも掛かる

と農園主にとっては、悪いことずくめの環境です。


しかしドナドさんの選択は間違っていなかったことは、この銘柄を飲めばお分かりいただけるはずです。


こういったたくさんの自然に囲まれた農園において、農園主が自然に対して実直でさえあれば、生み出されるコーヒーは間違い無く美味しいコーヒーです。


大型機械が入れないような土地だからこそ、少人数で丁寧に育てられたコーヒーは、農園主のコーヒーに対する情熱や思いやりが感じられます。


この銘柄の最大の特徴でもあるベリー系のフルーツのようなジューシーさと赤ワインのようなボディ感に加え、濃厚なコクと甘みが魅力的です。


素晴らしいクリーンカップと甘味が持続するアフターテイストが口に残ります。


間違いなくお勧めのグアテマラです!


グァテマラ・プラン・デル・グアヤボ農園(200g)
▼中深煎りデータ
グァテマラ・プラン・デル・グアヤボ農園(200g)
▼深煎りデータ
グァテマラ・プラン・デル・グアヤボ農園(200g)
グァテマラ・プラン・デル・グアヤボ農園(200g)
販売価格(税込):
1,890
ご注文数:
  • 焙煎度:
  • 豆の状態: