クリックで拡大画像 当店の焙煎人、内倉大輔は、コーヒー鑑定士の世界基準である「SCAA認定 カッピングジャッジ」という国際認定資格を取得しております。確かな舌で選び抜かれた「旬」のコーヒーを最高の状態でお届け致します。
こんにちは!珈琲きゃろっとの焙煎人、内倉です。あなたのコーヒー生活を、もっともっと魅力的にするための、お手伝いをすることが僕の役割です。適切に焙煎されたコーヒー豆と、正しい知識があれば、おいしいコーヒーは、「自宅で」「誰にでも」「簡単に」楽しめます。どうぞごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

▼通信販売の営業日
実店舗は営業日が異なります


2024年4月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
2024年5月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

上記は通信販売の営業日です。実店舗とは、営業日が異なります(実店舗の営業日を確認))休業日、日曜日はメール返信・商品発送を休ませていただきます。
【営業時間:9時~17時】

▼実店舗の営業はコチラ
おいしいコーヒーの淹れ方只今、動画で配信中!
初めてのお客様へ
【811】∵26∵パプアニューギニア・コルブラン農園(200g)

べっこう飴のような優しい甘さ、温度変化によって変わる爽やかなで複雑なキャラクター



パプアニューギニアは、世界でも最貧国のひとつ。今回ご紹介するコルブラン農園は、東部山岳州のカイナンツから車に揺られて数時間の山奥にあります。


2018年、スタッフ浅野がこの国に訪問した時には、農園が近づくにつれ、その風景は数百年も一気に遡るような印象を受けたと言います。


バナナの葉で作られた屋根、電気も水道もない家で裸足で暮らしている人がいます。


このように人の暮らしが違うように、農園のある経緯度や標高、日当たりなど、コーヒーの生育環境に同じ場所はひとつとしてありません。


この国の産地も、今まで訪問したどこの国とも異なる環境で育てられていました。



パプアニューギニアで見た農園の風景。


この国の農園の風景は、コーヒーに最高の生産条件だったのです。


今月は、この最後の楽園とも称されるパプアニューギニアで、その存在を一部のマニアの間で知られながらも、日本市場へは直接紹介されることのなかった「コルブラン農園」をご紹介です。


創業1962年、オーストラリアから移住したベン・コルブランさんが、土地を買付け、コーヒー苗を栽培したのが農園の始まりです。


現在は、ベンさんの孫ニコールさんがコーヒー生産を引き継ぎ、自身が農園内に住み込み、高品質なコーヒーを作っています。


農園では、ベンさんが植え始めた伝統的なティピカ種に加え、ブルボン種なども植えられています。


パプアニューギニアでは、精製工程の技術が未熟な場所が多く、どうしてもネガティブなフレーバーが出てしまうのですが、ニコールさんはこの工程にも抜かりありません。


水洗工程は、昔ながらのゆっくりと丁寧な手法を維持しながら、発酵工程での過発酵などがないように、コーヒー豆の様子を観察しながら丁寧に進められます。


結果として、コルブラン農園のコーヒーは、そのクリーンさに定評があります。


天日乾燥は、農園内のアフリカンベッド(乾燥棚)で行われ、農園区画と収穫日別に管理されています。


さらに、農園内にはカップテスト設備を備え、高度な品質管理を可能としています。


パプアニューギニア国内では、滅多に見ることのできない貴重な設備を整えています。


飲み初めから感じるのは、べっこう飴のような優しい甘さ。


アプリコットのようなキャラクターは、温度変化によってマスカットや青りんごのようなキャラクターへ。


紅茶のような口当たりが特徴的な、素晴らしいコーヒーです。


最後の楽園パプアニューギニアから届いたコーヒーをぜひお楽しみください。


【811】∵26∵パプアニューギニア・コルブラン農園(200g)
【811】∵26∵パプアニューギニア・コルブラン農園(200g)
【811】∵26∵パプアニューギニア・コルブラン農園(200g)
  • NEW
  • ラッピングOK
  • 限定品
販売価格(税込):
2,180
ご注文数:
  • 豆の状態: