クリックで拡大画像 当店の焙煎人、内倉大輔は、コーヒー鑑定士の世界基準である「SCAA認定 カッピングジャッジ」という国際認定資格を取得しております。確かな舌で選び抜かれた「旬」のコーヒーを最高の状態でお届け致します。
こんにちは!珈琲きゃろっとの焙煎人、内倉です。あなたのコーヒー生活を、もっともっと魅力的にするための、お手伝いをすることが僕の役割です。適切に焙煎されたコーヒー豆と、正しい知識があれば、おいしいコーヒーは、「自宅で」「誰にでも」「簡単に」楽しめます。どうぞごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

2018年12月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2019年1月の定休日
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

休業日、日曜日はメール返信・商品発送を休ませていただきます。【営業時間:9時~17時】

おいしいコーヒーの淹れ方只今、動画で配信中!
初めてのお客様へ
パナマ・ハートマン農園(200g)

ブラウンシュガーや黒糖、かりんとうといったやわらかな甘さが特徴



ハートマン農園は、ボルカンの町からグニャグニャ道を進むこと小1時間。
すぐそこはコスタリカとの国境という、パナマでもかなり山奥に位置しています。


1912年、アロイス・ハートマン氏が現在のチェコ共和国からパナマに移住して来たのが、パナマにおけるハートマン家の始まりです。


ハートマン農園は1948年、アロイス氏の息子ラティボール・ハートマン・シニア氏が創業し、現在はシニア氏の長男ラティボール・ハートマン・ジュニアさんが跡を継いでいます。


ラティボール・ジュニアさんには4人の弟妹がいますが、全員が農園の運営管理と観光事業を手分けして担当して農園を経営しています。


ラティボール・ジュニアさんはコーヒーの精製、妻のテシーさんは品質管理、弟のアランさんとアレクザンダーさんは農園管理と、まさに一家総出の味造りです。


また、妹のアリスさんとケリーさんは農園内の観光事業を担当しています。


農園は広大な熱帯雨林に囲まれているため、原生的な自然環境を保全した農園として、コーヒー以外にも色々な企画をして観光客の方々を受け入れています。


自然環境の保全にも力を入れているので、中米に生息する野鳥には楽園のような環境であることは間違いありません。


158エーカーある農園では、今回ご紹介するカツーラや貴重なゲイシャ、さらにはパチェやマラゴジーぺ、パカマラなどの5品種が栽培されています。


ブラウンシュガーや黒糖、かりんとうといったやわらかな甘さが特徴のコーヒーです。


パナマの名門農園が作り出す素晴らしいコーヒーを、ぜひお楽しみください。


パナマ・ハートマン農園(200g)
パナマ・ハートマン農園(200g)
パナマ・ハートマン農園(200g)
  • NEW
販売価格(税込):
1,890
ご注文数:
  • 豆の状態: