クリックで拡大画像 当店の焙煎人、内倉大輔は、コーヒー鑑定士の世界基準である「SCAA認定 カッピングジャッジ」という国際認定資格を取得しております。確かな舌で選び抜かれた「旬」のコーヒーを最高の状態でお届け致します。
こんにちは!珈琲きゃろっとの焙煎人、内倉です。あなたのコーヒー生活を、もっともっと魅力的にするための、お手伝いをすることが僕の役割です。適切に焙煎されたコーヒー豆と、正しい知識があれば、おいしいコーヒーは、「自宅で」「誰にでも」「簡単に」楽しめます。どうぞごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

▼通信販売の営業日
実店舗は営業日が異なります


2022年11月の定休日
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
2022年12月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

上記は通信販売の営業日です。実店舗とは、営業日が異なります(実店舗の営業日を確認))休業日、日曜日はメール返信・商品発送を休ませていただきます。
【営業時間:9時~17時】

▼実店舗の営業はコチラ
おいしいコーヒーの淹れ方只今、動画で配信中!
初めてのお客様へ
【106】∵29∵ホンジュラス・バナデロス農園 (200g)

ピーチやアプリコット、バランスがよく、心地よい口当たり



毎年、その月のお任せとしてご紹介しているホンジュラス。


今年は、気候環境やその他の経済状況も影響し、生産量が大幅に減ってしまいました。


そんな苦しい状況の中でも、こんなに素晴らしい品質のコーヒーを届けてくれました。


今月限定の少量のみのお届けとなりますが、みなさまにご紹介です。


バナデロス農園は、2015年僕が産地で買い付けてきてから、ずっとお付き合いのある農園です。


その年のカップ・オブ・エクセレンスでは、見事入賞を果たし、毎年最高品質のコーヒーを生み出しています。


農園主のヘルナンデスは、大好きなコーヒーをより良いものにするため、毎日険しい山道を車で1時間30分も掛けて通っています。


このようなコーヒーに対する情熱は、彼の父から影響にあります。


ヘルナンデスは若いうちから、長年コーヒー生産に携わる父の農園で、コーヒーを生産するのための技術(コーヒーの花の受粉方法や、収穫、精製のプロセスまで)を学びました。


2009年、この父の農園がカップ・オブ・エクセレンスに入賞したのです。


この結果、ヘルナンデスがコーヒーの歴史の中に、自身の農園の名を残すことを決意したきっかけでもあります。


現在の農園主に農園が引き継がれた後、さらなる飛躍を求めて、IHCAFE(ホンジュラスコーヒー協会)の支援を得て、新しい品種の栽培にも取り組んでいます。


そして適切な施肥、剪定、特にコーヒーの病気を抑える管理プログラムを作ることに成功しました。


すると、最初に参加した2012年のカップ・オブ・エクセレンスでは第3位を獲得。


これでだけでも偉大なことでしたが、さらに2015年でも受賞につなげることができました。


フルーティでバランスが良く、とても口あたりが良いコーヒー。


ぜひ最高品質のこのコーヒーをお楽しみください。


【106】∵29∵ホンジュラス・バナデロス農園 (200g)
【106】∵29∵ホンジュラス・バナデロス農園 (200g)
【106】∵29∵ホンジュラス・バナデロス農園 (200g)
  • NEW
  • ラッピングOK
  • 限定品
販売価格(税込):
2,180
ご注文数:
  • 豆の状態: