クリックで拡大画像 当店の焙煎人、内倉大輔は、コーヒー鑑定士の世界基準である「SCAA認定 カッピングジャッジ」という国際認定資格を取得しております。確かな舌で選び抜かれた「旬」のコーヒーを最高の状態でお届け致します。
こんにちは!珈琲きゃろっとの焙煎人、内倉です。あなたのコーヒー生活を、もっともっと魅力的にするための、お手伝いをすることが僕の役割です。適切に焙煎されたコーヒー豆と、正しい知識があれば、おいしいコーヒーは、「自宅で」「誰にでも」「簡単に」楽しめます。どうぞごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

▼通信販売の営業日
実店舗は営業日が異なります


2022年10月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2022年11月の定休日
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

上記は通信販売の営業日です。実店舗とは、営業日が異なります(実店舗の営業日を確認))休業日、日曜日はメール返信・商品発送を休ませていただきます。
【営業時間:9時~17時】

▼実店舗の営業はコチラ
おいしいコーヒーの淹れ方只今、動画で配信中!
初めてのお客様へ
【103】∵30∵グアテマラ・ペニャ・ロハ(200g)

とろんっとした口当たり、後味まで長く続く豊かな甘さ



▼この農園は、2016年に当店の浅野が視察で訪れました


ペニャ・ロハとは、このコーヒーを作る生産者さんたちが所属する小規模生産者組合の名前です。


国際品評会で毎年上位に入賞する農園も同じ地区にあり、コーヒーの栽培に最適な場所に位置しています。


ぼくが訪問して最も印象に残っているのは、農園までの道のりです。


滅多に乗り物酔いをしないのですが、到着したころには具合が悪くなるほど、大きな岩が飛び出たガタガタの道を数時間。


到着したころには疲れ果てていたのですが、たわわに実った真っ赤なコーヒーチェリーとその景色に感激しました。





このように人の往来を拒むように険しいこの場所は、入り組んだ地形によって、農園ごとに微妙に気候や土壌などの環境が変わる微小気候(マイクロクライメイト)を持ちます。


この環境こそが、コーヒーに素晴らしい風味をもたらします。


また、ペニャ・ロハの生産者たちは、収穫したコーヒーチェリーを精製する施設のウェットミルを持ちます。


山から得られる新鮮な水で、収穫したばかりのチェリーの果肉を取り除き、綺麗に精製します。


収穫してから精製するまでの時間もコーヒーの味への影響があり、生産者それぞれがウエットミルで精製できることが、このコーヒーの綺麗な酸味やクリーンカップに繋がっています。



※各農家がこのような小型の機械を用いて、コーヒーチェリーの果肉を乗り除きます


生産者が精製処理をした後はペニャ・ロハ組合へ持ち寄り、輸出規格へ精選して仕上げていきます。


このように組合と一緒に作り上げるコーヒーは、環境への配慮も欠かせません。


土壌保護や水の再利用、オーガニック農法等を用いた自然と調和した農法で、早朝から晩遅くまで作業を行っています。


コーヒーに対する愛情と情熱が詰まった最高のコーヒーをお楽しみください。


とろんっとした口当たり、後味まで長く続く豊かな甘さが最大の特徴のコーヒーです。


カシューナッツのようなキャラクター、ミルクチョコレートやシロップのような甘さを感じます。


飲みやすく、どうしてもコーヒーの酸味や苦みが苦手という方に、ぜひ飲んでいただきたい一品です。


また、牛乳と合わせても、相性抜群!
濃く入れたコーヒー液を牛乳で割るだけで、お子様もお楽しみいただけるカフェオレに大変身です。


【103】∵30∵グアテマラ・ペニャ・ロハ(200g)
【103】∵30∵グアテマラ・ペニャ・ロハ(200g)
【103】∵30∵グアテマラ・ペニャ・ロハ(200g)
販売価格(税込):
2,180
ご注文数:
  • 豆の状態: