クリックで拡大画像 当店の焙煎人、内倉大輔は、コーヒー鑑定士の世界基準である「SCAA認定 カッピングジャッジ」という国際認定資格を取得しております。確かな舌で選び抜かれた「旬」のコーヒーを最高の状態でお届け致します。
こんにちは!珈琲きゃろっとの焙煎人、内倉です。あなたのコーヒー生活を、もっともっと魅力的にするための、お手伝いをすることが僕の役割です。適切に焙煎されたコーヒー豆と、正しい知識があれば、おいしいコーヒーは、「自宅で」「誰にでも」「簡単に」楽しめます。どうぞごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

▼通信販売の営業日
実店舗は営業日が異なります


2022年11月の定休日
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
2022年12月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

上記は通信販売の営業日です。実店舗とは、営業日が異なります(実店舗の営業日を確認))休業日、日曜日はメール返信・商品発送を休ませていただきます。
【営業時間:9時~17時】

▼実店舗の営業はコチラ
おいしいコーヒーの淹れ方只今、動画で配信中!
初めてのお客様へ
【105】∵10∵グアテマラ ラ・フォリー農園(200g)

ダークチェリーのようなキャラクター、ブラウンシュガーのような甘さ



このコーヒーの産地は、グアテマラのスペシャルティコーヒーの一大名産地アンティグア。


きゃろっとでも、2019年にスタッフの浅野夫婦が訪問しています。


アグア火山、アカテナンゴ火山、フエゴ火山に囲まれた盆地で、世界遺産にも登録される歴史のある街です。


現在でも火山活動が活発で、滞在時には何度も小規模の爆発音を聞いたといいます。


この火山がもたらした豊かな土壌は、軽石を多く含み、年間を通して一定の湿度を維持しています。


また、夜間、山から吹き付ける冷たい空気が昼夜の寒暖の差を生み出し、コーヒー栽培に最適な自然環境でもあるんですよ。


農園は、アンティグア北部の山麓ホコテナンゴという地域に位置します。


実はこの農園は、数年前までほぼ管理がされておらず、ほったらかし状態でした。


土地のオーナーであるフランス人ペニー姉妹は、これを打開すべく、アンティグアを代表するコーヒー生産者で農業技師のセラヤさんに農園管理経営を託しました。


彼の農業技師としての科学的な知識によって、適切なシェードツリーの植え込みを行い、施肥をコントロール。このような彼の献身的な管理により、わずか5年で、農園は見事に変貌を遂げます。



※じゃがみこんで農場の土質を入念にチェックするセラヤさん


現在では、アンティグアでも随一の安定感のある農園として、知られるようになりました。


質感が素晴らしく、円やかな味わいと豊かなコクを感じます。


ダークチェリーやブドウ、温度変化によってオレンジのようなキャラクターも。も。


ブラウンシュガーのような甘味やアーモンドのような香ばしい香りを感じる素晴らしいコーヒーです。


【105】∵10∵グアテマラ ラ・フォリー農園(200g)
【105】∵10∵グアテマラ ラ・フォリー農園(200g)
【105】∵10∵グアテマラ ラ・フォリー農園(200g)
販売価格(税込):
2,180
ご注文数:
  • 豆の状態: