クリックで拡大画像 当店の焙煎人、内倉大輔は、コーヒー鑑定士の世界基準である「SCAA認定 カッピングジャッジ」という国際認定資格を取得しております。確かな舌で選び抜かれた「旬」のコーヒーを最高の状態でお届け致します。
こんにちは!珈琲きゃろっとの焙煎人、内倉です。あなたのコーヒー生活を、もっともっと魅力的にするための、お手伝いをすることが僕の役割です。適切に焙煎されたコーヒー豆と、正しい知識があれば、おいしいコーヒーは、「自宅で」「誰にでも」「簡単に」楽しめます。どうぞごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

▼通信販売の営業日
実店舗は営業日が異なります


2022年8月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2022年9月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

上記は通信販売の営業日です。実店舗とは、営業日が異なります(実店舗の営業日を確認))休業日、日曜日はメール返信・商品発送を休ませていただきます。
【営業時間:9時~17時】

▼実店舗の営業はコチラ
おいしいコーヒーの淹れ方只今、動画で配信中!
初めてのお客様へ
【102】∵26∵ケニア・ムルエ・ピーベリー(200g)

パイナップルやパッションフルーツのような酸味、シロップの甘さ



最先端の農業技術を持つケニアから届いた、今月2品目のコーヒーは、1品目と同じくケニア山の東側、隣県のエンブで作られたコーヒーです。


この銘柄は、「ピーベリー」と言うちょっと珍しい形をした豆のみを選別したコーヒーです。


一般的なコーヒー豆はフラットビーンと呼ばれ、片側が平らな形をしています。


ところが、ピーベリーの特徴は、丸っこくてかわいい形をしています。


コーヒーノキの先端部に全体の数%だけが、ピーベリーとして実ると言われており、これだけを選別することは想像するだけでも本当に手間の掛かる作業です。


また、ピーベリーの素晴らしさは、希少性だけではありません。


通常、ふたつのコーヒー豆に栄養が行き渡るところ、ひとつのコーヒー豆にぎゅっと栄養が蓄積されるわけですから、香味も素晴らしいものを持ちます。


ケニアらしいジューシーさがより際立ち、キレのある酸と果実感あふれる味わいが生み出されています。


軽やかな紅茶のようなケニア。


温度変化とともに、酸味の輪郭をはっきりと感じ、パイナップルやパッションフルーツのような明るい酸味を感じます。


後味には、シロップのような甘さが長く続く、とても素晴らしいコーヒーです。


またアイスにすると、フルーツティーやルイボスティーのような印象も。


【102】∵26∵ケニア・ムルエ・ピーベリー(200g)
【102】∵26∵ケニア・ムルエ・ピーベリー(200g)
【102】∵26∵ケニア・ムルエ・ピーベリー(200g)
販売価格(税込):
2,180
ご注文数:
  • 豆の状態: