クリックで拡大画像 当店の焙煎人、内倉大輔は、コーヒー鑑定士の世界基準である「SCAA認定 カッピングジャッジ」という国際認定資格を取得しております。確かな舌で選び抜かれた「旬」のコーヒーを最高の状態でお届け致します。
こんにちは!珈琲きゃろっとの焙煎人、内倉です。あなたのコーヒー生活を、もっともっと魅力的にするための、お手伝いをすることが僕の役割です。適切に焙煎されたコーヒー豆と、正しい知識があれば、おいしいコーヒーは、「自宅で」「誰にでも」「簡単に」楽しめます。どうぞごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

▼通信販売の営業日
実店舗は営業日が異なります


2022年8月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2022年9月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

上記は通信販売の営業日です。実店舗とは、営業日が異なります(実店舗の営業日を確認))休業日、日曜日はメール返信・商品発送を休ませていただきます。
【営業時間:9時~17時】

▼実店舗の営業はコチラ
おいしいコーヒーの淹れ方只今、動画で配信中!
初めてのお客様へ
【102】∵25∵ケニア・ティム(200g)

ブラックベリーや巨峰のようなキャラクター、ボディ感ある口当たり



『国ぐるみで美味しいコーヒーを世界へ』


ケニアでは、1933年の法改定をきっかけに、国を挙げてコーヒー生産に力を入れてきました。


主に数ヘクタールの農園を持つ零細農家が栽培・収穫し、それを組合に集めて仕上げていきます。


以前は、品質の良いコーヒーを作っても、それが対価として反映されないことがしばしばありました。


ですが、法改定後に生産者の生活が改善され、品質が飛躍的に向上。世界でも有数のコーヒー生産地となりました。


さらに、世界初のコーヒー研究機関(コーヒー研究財団)を持ち、世界中に大きな影響を与えています。


そこには研究資格を持ったスタッフが所属し、最先端の農技術を全ての生産者に伝えるため、惜しみない努力を重ねています。


素晴らしい香味を持つSL28、SL34など、ケニアの代表的な品種はここで作り出されました。


このように、最先端の農業技術を研究するケニアは、安定した生産量と素晴らしい品質のコーヒーを作り出しています。


今月ご紹介のティム・ファクトリーは、ケニア山の東側、キリニャガ県にある国内最大級のバラグイ農業協同組合(1953年設立)に所属しています。


ティムを含めた12の精製工場が所属しており、その中でも2002年に設立された比較的新しいファクトリーです。


周辺に住む農家さんの平均栽培面積は、1ヘクタールにも満たない零細農家ですが、1軒1軒が大切に育てた熟度が揃ったコーヒーチェリーを持ち寄ることで、ケニアらしい素晴らしい酸味特性を持つコーヒーに仕上がります。


さらに、バラグイ農協では、ファクトリーごとの責任者を2年おきに交代することで、組合全体として情報共有を行います。


その結果、毎年品質の安定した味作りを可能にしています。


ケニアらしい心地の良い酸味とボディ感ある素晴らしいコーヒーです。


驚くのは、一口目に鼻から抜けるベリージュースのような香りとジューシーさ。


ブラックベリーや巨峰を思わせるキャラクター、フルボディワインのような満足感のある飲みごたえ。


こんなケニアを待ってました!


【102】∵25∵ケニア・ティム(200g)
【102】∵25∵ケニア・ティム(200g)
【102】∵25∵ケニア・ティム(200g)
販売価格(税込):
2,180
ご注文数:
  • 豆の状態: