クリックで拡大画像 当店の焙煎人、内倉大輔は、コーヒー鑑定士の世界基準である「SCAA認定 カッピングジャッジ」という国際認定資格を取得しております。確かな舌で選び抜かれた「旬」のコーヒーを最高の状態でお届け致します。
こんにちは!珈琲きゃろっとの焙煎人、内倉です。あなたのコーヒー生活を、もっともっと魅力的にするための、お手伝いをすることが僕の役割です。適切に焙煎されたコーヒー豆と、正しい知識があれば、おいしいコーヒーは、「自宅で」「誰にでも」「簡単に」楽しめます。どうぞごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

2019年3月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2019年4月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

休業日、日曜日はメール返信・商品発送を休ませていただきます。【営業時間:9時~17時】

おいしいコーヒーの淹れ方只今、動画で配信中!
初めてのお客様へ
【078】コスタリカ・ドン・マヨ ベジャ・ビスタ農園(200g)

アメリカンチェリーやプラムのようなキャラクター。心地よい甘さが長く続くコーヒー



▼この商品は、浅野が産地で直接買い付けしてきたスペシャルロットです。


コスタリカの首都サンホセから南西へ70km。コスタリカでも有数のコーヒー産地「タラス地区」のコーヒーをご紹介いたします。


訪問した際に案内された場所の中には”研究室”がありました。「え?なぜ研究室?」これが最初に思ったことです。


農産物であるコーヒーの生産地に、研究室があることはとても意外で驚きました。しかし、これこそがコスタリカコーヒーの美味しさの秘密です。


研究室の中には、ずらりと収穫されたコーヒー豆が並び、専属のカッパー(カッピングという技術で品質検査をする人)が、
品質を評価しデーターベース化していました。


そのデータをもとに土地に適した品種を選定、精製方法の改善をし続けています。


品種、農園、乾燥のプロセス…と、組み合わせは無限にある中で、高品質なコーヒーを作るため、観察し、仮説を立て実験し、
その結果をもとにする「科学の考え方」によって最善の組み合わせを導き出します。


この光景は、焙煎を全てデータ化し、常に検証をしながら味づくりをしているきゃろっとの考え方と通ずるものがあります。


その「データ」の中には、確実・丁寧にコーヒーと向き合う人の想いがこもっているのを実感した時、胸が熱くなりました。


精製方法の研究に対してもとても熱心で、天日で乾燥させているコーヒーは30分に一度手で攪拌されます。


正直、気が遠くなるような作業ですが、こうすることでコーヒー同士が付着し合うことなく、まんべんなく天日にさらすことができます。


その結果、ミューシレージというコーヒーチェリーの果実の中にあるコーヒー豆を覆う、ぬるぬるした粘液から甘味成分がゆっくりと浸透していくのです。


研究し丁寧に作られたコーヒーだからこそつくられる繊細で複雑な味わい。


アメリカンチェリーのようなキャラクターや、ボディ感があります。舌全体を甘さが包み込むことによって、飲んだ後も長く甘さが続き、
幸せな時間が続きます。



このコーヒーは生産者家族の品質にかける努力と献身の結晶なのです。



【078】コスタリカ・ドン・マヨ ベジャ・ビスタ農園(200g)
【078】コスタリカ・ドン・マヨ ベジャ・ビスタ農園(200g)
【078】コスタリカ・ドン・マヨ ベジャ・ビスタ農園(200g)
  • NEW
  • ラッピングOK
販売価格(税込):
1,980
ご注文数:
  • 豆の状態: