クリックで拡大画像 当店の焙煎人、内倉大輔は、コーヒー鑑定士の世界基準である「SCAA認定 カッピングジャッジ」という国際認定資格を取得しております。確かな舌で選び抜かれた「旬」のコーヒーを最高の状態でお届け致します。
こんにちは!珈琲きゃろっとの焙煎人、内倉です。あなたのコーヒー生活を、もっともっと魅力的にするための、お手伝いをすることが僕の役割です。適切に焙煎されたコーヒー豆と、正しい知識があれば、おいしいコーヒーは、「自宅で」「誰にでも」「簡単に」楽しめます。どうぞごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

2018年12月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2019年1月の定休日
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

休業日、日曜日はメール返信・商品発送を休ませていただきます。【営業時間:9時~17時】

おいしいコーヒーの淹れ方只今、動画で配信中!
初めてのお客様へ
インドネシア・マンデリン・ゲガラン(200g)

オレンジピールのような爽やかな香りといぐさやクローブといったオリエンタルでスパイシーなキャラクター


昨年お届けしたところ、大反響をいただきましたマンデリン・ゲガラン。
今年もご用意することが出来ました。


スマトラ島北部のアチェ州ゲガラン地区の小農家が手摘みしたマンデリン。


エチオピアやケニアなどと並び、生産地域の特徴が色濃く醸し出されています。


特にアチェの特別な地域で作り出されるマンデリンは、その品質の高さと、フレーバーの複雑さで世界中のコーヒー愛好家から注目を受けています。


ゲガラン地区では、いずれも小規模の農園でコーヒーを生産しているため、収穫したコーヒーチェリーはひとつの場所に集めて管理しています。


集められたコーヒーチェリーは、スマトラ式と呼ばれるスマトラ島に伝わる伝統的な方法で精製されていきます。


この地域は肥沃な土壌ですが、高温で降水量が多く、乾季があまりはっきりしていません。


恵まれた気候ではないからこそ生まれたこの精製方法が、マンデリン特有の複雑なフレーバーを作り出します。


この精製方法では、コーヒーチェリーの果肉を除去した後、6時間程度、水を張った巨大な発酵槽で保管します。


その後、2~3日ほど天日乾燥を行い、水分が完全に抜け切らないまま脱穀して、再度天日乾燥をしています。


最終工程は、専用の工場で重さや大きさで選別され、さらに人の手によって不純物などを取り除きます。


このように、アチェマンデリンのスペシャルロットとして作り上げられています。


最後まで手作業で仕上げられたこのコーヒーは、個性的で様々な風味を有した複雑なフレーバーを兼ね備えています。


オレンジピールのような爽やかな香りといぐさやクローブといったオリエンタルでスパイシーなキャラクターが融合して、ゲガラン独特のアーシー感を作り出しています。


心地良いコクと程よい苦みが、日に日に寒くなるこの季節にぴったりです。



インドネシア・マンデリン・ゲガラン(200g)
インドネシア・マンデリン・ゲガラン(200g)
インドネシア・マンデリン・ゲガラン(200g)
販売価格(税込):
1,890
ご注文数:
  • 豆の状態: