クリックで拡大画像 当店の焙煎人、内倉大輔は、コーヒー鑑定士の世界基準である「SCAA認定 カッピングジャッジ」という国際認定資格を取得しております。確かな舌で選び抜かれた「旬」のコーヒーを最高の状態でお届け致します。
こんにちは!珈琲きゃろっとの焙煎人、内倉です。あなたのコーヒー生活を、もっともっと魅力的にするための、お手伝いをすることが僕の役割です。適切に焙煎されたコーヒー豆と、正しい知識があれば、おいしいコーヒーは、「自宅で」「誰にでも」「簡単に」楽しめます。どうぞごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。
2018年8月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2018年9月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

休業日、日曜日はメール返信・商品発送を休ませていただきます。【営業時間:9時~17時】

おいしいコーヒーの淹れ方只今、動画で配信中!
初めてのお客様へ
ケニア・ングルエリ(200g)

カシスやラズベリー、さらに赤しそのようなキャラクター



世界でも高品質なコーヒーを生産する国のひとつとされるケニア。


今月ご紹介するエンブ地区は、ケニア山の東部にあり、理想的な日照条件と降雨量の恩恵を受け、素晴らしいコーヒーを産出する地区です。


ケニアは1人あたりの生産者からの収穫量が大変少なく、同じエリアの複数の生産者が収穫されたコーヒーをファクトリーと呼ばれる生産処理場へ持ち寄るのが一般的です。


生産者が丁寧に完熟豆だけを手摘みするだけでなく、さらに完熟豆しか受け入れない等の厳しい基準を設けることで品質の維持に努めています。


今月ご紹介するングルエリファクトリーは1970年代に設立以来、コーヒーの品質を第一に考え、高品質なコーヒーを生産し続けています。


その取り組みのひとつとして、収穫したコーヒーをその日のうちに精製しています。


集められたコーヒーチェリーは、まず果肉を取り除かれます。


その後、発酵槽と呼ばれるプールで十分に発酵させ、果肉のぬめりまで完全に取り除きます。


この精製工程を終えたコーヒーは、風通しの良い高床式のアフリカンベッドの上で天日乾燥されることで、クリーンなコーヒーが作り上げられます。


さらにこのファクトリーでは、メンバーの働く環境の整備にも力を注ぎ、学費や医療の補助、農業指導なども整備し、生産者の生活水準の向上にも精力を注いでいます。


コーヒーの品質にも働く環境にも努力を惜しまないングルエリファクトリーのコーヒーは、まさにケニアの王道ともいえるコーヒー。


飲み応えのある赤ワインのようなボディ感と、カシスやラズベリー、さらに赤しそのようなキャラクターが特徴のコーヒーです。


ケニア・ングルエリ(200g)
ケニア・ングルエリ(200g)
ケニア・ングルエリ(200g)
  • NEW
販売価格(税込):
1,980
ご注文数:
  • 豆の状態: