クリックで拡大画像 当店の焙煎人、内倉大輔は、コーヒー鑑定士の世界基準である「SCAA認定 カッピングジャッジ」という国際認定資格を取得しております。確かな舌で選び抜かれた「旬」のコーヒーを最高の状態でお届け致します。
こんにちは!珈琲きゃろっとの焙煎人、内倉です。あなたのコーヒー生活を、もっともっと魅力的にするための、お手伝いをすることが僕の役割です。適切に焙煎されたコーヒー豆と、正しい知識があれば、おいしいコーヒーは、「自宅で」「誰にでも」「簡単に」楽しめます。どうぞごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。
7
2018年10月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2018年11月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

休業日、日曜日はメール返信・商品発送を休ませていただきます。【営業時間:9時~17時】

おいしいコーヒーの淹れ方只今、動画で配信中!
初めてのお客様へ
タンザニア・モンデュール(200g)

アンズのようなキャラクター、ミルクチョコレートのような甘み



モンデュール農園は、1931年にイタリア人のコント・ダヴィコさんがエチオピアから持ち込んだコーヒーから始まりました。


ダヴィコさんはアフリカに魅せられ、アフリカ開発会社に就職。


ご家族の協力のもと、この地を購入しましたが、第二次世界大戦後にタンザニアは社会主義化の波にのまれ、土地を取り上げられてしまいます。


1952年に返還を受けたものの、ダヴィコさんは再開拓途中の1983年に亡くなってしまいます。


しかし、その息子兄弟のコンラッドさんとルゲーロさんが「特別なコーヒーを飲みたい人に供することができる良質なコーヒーを作る」という父親の遺志を継いで同農園を経営してきました。


この農園のある場所は、海抜1650~1840m。モンデュール山麓の森林の恵みとも言える腐葉土と地下水の恩恵を受けた肥沃な土地です。


ティピカ種とブルボンの配合種のケント種のみを選別し、適度な日陰を作るため背の高い樹木(シェードツリー)の下で栽培されています。


精製方法は、コーヒーチェリーのミューシレージと呼ばれるヌルヌルした粘液質を洗い流してから乾燥させる、水洗処理方式(ウォッシュド)。


イタリア人ならではの近代的な生産手法を取り入れ、品種の選定を行ってきました。


また、農園に植木職人が常駐し、コーヒーの木の幹を地上30~40cmくらいの所でバサッと切るカットバックという作業を適切に行うことで、コーヒーの木はとても長生きすると言われています。


また樹齢1年未満、1年、2~3年、翌年カットバック予定の4グループに分けて収穫サイクルを設定するなど、剪定のサイクル化を長年に渡り取り組んできました。


さらに、スタッフによるカッピング検査を行うなど、品質には細心の注意が払われています。


その結果、1999年と2001年に開催されたタンザニアの品評会では金賞を獲得するようなタンザニアでも有数の農園になりました。


このようにキリマンジャロの先駆者として、今もなお高品質なコーヒーを生産し続けているのです。


こうして作られた高品質なコーヒーは、口当たりがとても素晴らしいコーヒーです。


舌を優しく包む、まろやかな飲み心地。アンズのようなキャラクター、ミルクチョコレートのような甘みが長く続きます。


理想的な生産環境と遺志が継承された特別なキリマンジャロをお楽しみください。


タンザニア・モンデュール(200g)
タンザニア・モンデュール(200g)
タンザニア・モンデュール(200g)
販売価格(税込):
1,890
ご注文数:
  • 豆の状態: