クリックで拡大画像 当店の焙煎人、内倉大輔は、コーヒー鑑定士の世界基準である「SCAA認定 カッピングジャッジ」という国際認定資格を取得しております。確かな舌で選び抜かれた「旬」のコーヒーを最高の状態でお届け致します。
こんにちは!珈琲きゃろっとの焙煎人、内倉です。あなたのコーヒー生活を、もっともっと魅力的にするための、お手伝いをすることが僕の役割です。適切に焙煎されたコーヒー豆と、正しい知識があれば、おいしいコーヒーは、「自宅で」「誰にでも」「簡単に」楽しめます。どうぞごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

▼通信販売の営業日
実店舗は営業日が異なります


2022年1月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2022年2月の定休日
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728

上記は通信販売の営業日です。実店舗とは、営業日が異なります(実店舗の営業日を確認))休業日、日曜日はメール返信・商品発送を休ませていただきます。
【営業時間:9時~17時】

▼実店舗の営業はコチラ
おいしいコーヒーの淹れ方只今、動画で配信中!
初めてのお客様へ
【061】∵11∵グアテマラ・ラ・クプラ農園(200g)

オレンジやアプリコットのようなキャラクター、爽やかなグアテマラ



▼この農園は、2019年に当店の浅野が視察で訪れました。


■グアテマラ視察の様子はこちら



「最古アンティグア」
最古の美しい農園からとどきました。


 『美しいコーヒーの木は、美しい味をつくる』


アンティグア地区にあるフィラデルフィア農園のコーヒーです。


フィラデルフィア農園という名前では、あまり馴染みはないかもしれませんが、「グアテマラ・ラ・クプラ」でここ数年、毎年ご紹介しています。


この農園内では、標高や品種、精製方法などでロット分けをしています。その中でも頂点を意味する、クプラという名前は、最も標高の高い区画で収穫された高品質のコーヒーだけに特別に与えられます。


すなわち、フィラデルフィア農園を家に見立てると、その一番てっぺんにあるのがこの「クプラ農園」であるということを意味しています。


農園では3台の焙煎機を所有し、品質管理をするためのラボには、いろいろな抽出方法試すことができ、細かい品質管理も可能になっています。


これぞ、信頼の品質。


だから、毎年安定したコーヒーを作ることが出来るんですね!


また、この農園はアンティグアでも最も大きく歴史のある農園で、なんと約170年前、日本がまだちょんまげをしている時代から、コーヒー栽培を始めています。


伝統的な栽培方法や精製方法を大切に守っている中、新たな区画開拓や新品種の植樹、アフリカンベッドの新設など、次々へと新しい取り組みをしていました。


最初に、果肉を剥いだコーヒー生豆を乾燥するための広大なパティオを見せていただきました。





通常、一面がコンクリートでできていますが、この農園では焼き物のテラコッタタイルのような素材を使用していました。


見慣れない素材に「これはパティオ?普通のとは違うけど」と聞くと、「コンクリートより焼き物のほうが熱くならないから、ゆっくり乾燥することができて甘くなるんだ」とのこと。


なるほど、グアテマラの優しい甘さはここから来ていました。


そして農園へ向かい、登ること約30分、そこは標高約2000m。

アンティグアの街並みも綺麗に見渡せる場所に、「ラ・クプラ」が見えてきました。


標高が低い場所ではグレードの低いコーヒーを生産しておりますが、標高が高くなるにつれ、木々の緑が濃くなり、ツヤを増していくのがはっきりとわかりました。


到着したクプラ区画では、美しい木々がイキイキと並んで植えられていました。





その光景に思わず出た「こんな美しい農園見たことない!」という言葉に、


「美しい農園で植えられた美しい木からは、美しいコーヒーができるんだよ」と同行したバイヤーさんがニコッと答えてくれました。


この美しいコーヒーを毎年、お客様にご紹介できていたと思うと、誇らしい気持ちにすらなりました。


標高の高さによる昼夜の温度差と適度な湿度が、コーヒー栽培にとても条件がいい場所とのこと。


クプラだけが持つ特別な気候条件で育てられたコーヒーだからこそ、美しく育ち、美しい酸味と甘さを持つコーヒーに仕上がるんですね。


農園内にある精製所には、麻袋がまた美しく積まれていました。


思わず「わぁ!」と歓声をあげてしまいました。


毎年、きゃろっとに届いていた見慣れた麻袋でした。


「本当にここで詰められて、日本にやってくるんだ・・・」当たり前でありながらも、当たり前とは言えないコーヒー一粒の道のり。たとえようのない感激がありました。


ぼくたちが農園で見た風景、あの空気、あの匂い。


コーヒーを飲んで少しでも感じていただけたらなぁ。


ぼくたちは、美味しいコーヒーをお届けするために、たくさん伝えなきゃいけない。

伝えたいと思っています。


コーヒーが出来上がるまでに、たくさんの物語があり、そしてあなたの一杯になります。


ひとりでもたくさんに方に伝わると嬉しいです。


オレンジやアプリコットを思わせるような優しい酸味とキャラクター。

甘みとのバランスが素晴らしく、甘い余韻を残しながら、ふわっと消えていく心地良さをお楽しみください。



【061】∵11∵グアテマラ・ラ・クプラ農園(200g)
【061】∵11∵グアテマラ・ラ・クプラ農園(200g)
【061】∵11∵グアテマラ・ラ・クプラ農園(200g)
  • NEW
  • ラッピングOK
  • 限定品
販売価格(税込):
1,890
ご注文数:
  • 豆の状態: