クリックで拡大画像 当店の焙煎人、内倉大輔は、コーヒー鑑定士の世界基準である「SCAA認定 カッピングジャッジ」という国際認定資格を取得しております。確かな舌で選び抜かれた「旬」のコーヒーを最高の状態でお届け致します。
こんにちは!珈琲きゃろっとの焙煎人、内倉です。あなたのコーヒー生活を、もっともっと魅力的にするための、お手伝いをすることが僕の役割です。適切に焙煎されたコーヒー豆と、正しい知識があれば、おいしいコーヒーは、「自宅で」「誰にでも」「簡単に」楽しめます。どうぞごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。
2018年7月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2018年8月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

休業日、日曜日はメール返信・商品発送を休ませていただきます。【営業時間:9時~17時】

おいしいコーヒーの淹れ方只今、動画で配信中!
初めてのお客様へ
マンデリン・ソフィー(200g)

ドライフルーツを思わせるフレーバー、マンデリンらしいスパイシーさも


ドロッサングール地区とリントンニフタ地区の小農家が手摘みしたマンデリン。


この地区は、スマトラ島北部のリントン地域に位置します。


約130戸の農家がいずれも小規模農園でコーヒーを生産しているため、ひとつの場所に集めて生産管理を行っています。


集められたコーヒーチェリーは、スマトラ式と呼ばれるスマトラ島に伝わる伝統的な方法で精製されていきます。


この地域は、水を大量に使用する水洗式が可能なほど水資源が豊富なのですが、寒気がはっきりせず年中降水量が多いため、コーヒーの乾燥を妨げてしまいます。


乾燥工程中のコーヒー豆が、一度でも雨にさらされてしまうと、コーヒーの味に大きく影響し、品質の低下につながってしまいます。


このような恵まれた気候ではないからこそ生まれた方法が、スマトラ式と呼ばれる精製方法です。


通常、完全に乾燥してから脱殻するところ、2~3日ほど天日乾燥を行い、水分が完全に抜け切らないまま脱穀します。


その後、さらに天日乾燥させることで、乾燥の期間を短くすることに成功しました。


さらに、この独特な方法により、マンデリン特有の複雑なフレーバーを作り出します。


最終工程は、通常の輸出規格より厳しい基準で手選別にされることによって、まさに洗練されたコーヒーに仕上がります。


こうして作り出されたされたマンデリンは、「アロマ・ボディ感・甘み」いずれにおいて秀でており、マンデリンらしいスパイシーさもしっかりと持ちます。


マンデリン・ソフィー(200g)
マンデリン・ソフィー(200g)
マンデリン・ソフィー(200g)
販売価格(税込):
1,890
ご注文数:
  • 豆の状態: