クリックで拡大画像 当店の焙煎人、内倉大輔は、コーヒー鑑定士の世界基準である「SCAA認定 カッピングジャッジ」という国際認定資格を取得しております。確かな舌で選び抜かれた「旬」のコーヒーを最高の状態でお届け致します。
こんにちは!珈琲きゃろっとの焙煎人、内倉です。あなたのコーヒー生活を、もっともっと魅力的にするための、お手伝いをすることが僕の役割です。適切に焙煎されたコーヒー豆と、正しい知識があれば、おいしいコーヒーは、「自宅で」「誰にでも」「簡単に」楽しめます。どうぞごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

2020年4月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2020年5月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

休業日、日曜日はメール返信・商品発送を休ませていただきます。【営業時間:9時~17時】

おいしいコーヒーの淹れ方只今、動画で配信中!
初めてのお客様へ
【063】グアテマラ・ドン・アントニオ農園(200g)

ブラッドオレンジや木苺のフレーバー



中南米を代表するコーヒー王国「グァテマラ」。


先月に続き、これまでもグアテマラの様々な農園のコーヒーを取り扱い、多くのお客様からご好評いただいております。


今回ご紹介するのは、そのグアテマラの「ドン・アントニオ農園」です。


グアテマラの首都から直線距離で北西160km、車だと約7時間の距離にあるドン・アントニオ農園。
最西部のウエウエテナンゴという地方に、この農園があります。


同地区では、毎年国際品評会に入賞している農園があるほど安定して品質の高いコーヒーを生み出し、独特の深いコクのあるコーヒーとなります。


このため、現在では世界中で引く手数多のコーヒーとして、人気が高まっています。


標高は約1,700m~2,000m。良く乾いた石灰岩土壌。
さらに、天候は雨が少なく日中は霧が立ち込め寒暖の差が激しい地区でもあります。


激しい寒暖差はコーヒーの栽培にとって好条件ですが、夜間一気に冷えるとコーヒー栽培の天敵である霜が降りやすくなるリスクがあります。


しかし、ドン・アントニオ農園は隣国メキシコ・テワンテペク地峡から乾燥した熱風が山に上がって吹き込む位置にあるため、霜が発生しにくい地理に恵まれています。


現在の農園主はアントニオ・サンチェスさん。
彼の父親リゴベルトさんが、1966年に土地を購入し農園を始めました。


もともとリゴベルトさんは別のコーヒー農園で働いていましたが、資金が無く農地を購入することが出来ませんでした。


しかし、当時の農園主がリゴベルトさんに資金援助をし、現在の農園を購入することができたのです。


そして彼の長年の夢は現オーナーのアントニオさんに引き継がれ、素晴らしいコーヒーを生産するに至っています。


クリーンカップの美しさとクリーミーマウスフィール。


上白糖のような上品な甘さをブラッドオレンジや木苺のフレーバーが際立たせます。


バランスの良いグァテマラの逸品をお楽しみください。


【063】グアテマラ・ドン・アントニオ農園(200g)
【063】グアテマラ・ドン・アントニオ農園(200g)
【063】グアテマラ・ドン・アントニオ農園(200g)
  • NEW
  • ラッピングOK
  • 限定品
販売価格(税込):
1,890
ご注文数:
  • 豆の状態: